PAL(Perceptive Assistant that Learns)


米国国防総省のDARPA(防衛高等研究計画局/)が中心になり、総額US$2900万を費やし、ソフトウェアをベースとした「秘書」の開発にあたって、米国のカーネギー・メロン大学コンピューター・サイエンス学部のBrad Myers教授とその学生などが開発している、知覚能力を有して学習するアシスタントです。

>> さらに詳細な情報はこちら