PDAウイルス


スウェーデンのPalmデベロッパーでGavle大学講師、GameBoyエミュレータ「Liverty」の作者の1人であるAaron Ardiriが、古いデータベースやプリファレンスを探してクリーンアップするためにテスト用に開発した「Sweeper」が、クラックされないようにするにはどうすればいいかを研究する過程で、幾人かにテストプログラムを渡したところ、そのうちの1人が配布してしまった、インストールすると、Palm上のすべてのプログラムが削除されてしまう「トロイの木馬(PALM_LIBERTY.A)」としてアンダーグラウンド・コミュニティで出まわり、PalmOSを使っているユーザーを震撼とさせたウイルスで、Aaron Ardiriは、アンチウイルス・ソフトを開発するためにMcAfee.comと話し合いをしているということであるが、それこそアンチウイルスソフト販売会社がウイルスを開発しているという構造を証明したことになりかねない状況で、これからのウイルスのターゲットは、パソコン・ユーザーに加え、PalmOSや携帯電話、さらにゲーム機にまで拡大される可能性があります。

>> さらに詳細な情報はこちら