PET(Positron Emission Tomography)

陽電子放出断層撮影法>>ポジトロン断層撮影法

がん細胞の発見を主な目的とした撮影法で、CT(Computer Tomography/エックス線断層撮影)やMRI(Magnetic Resonance Imaging/核磁気共鳴映像)装置などの従来の検査では見つけにくく、かつ比較的完治しやすい1cm以下のがんも発見できるほか、従来の検査よりも短時間で全身の検査が可能であるなど、患者への負担が少ない検査法として、世界各国の医療機関で導入されている撮影法です。

>> さらに詳細な情報はこちら