Photoelectric cell

Graetzel cell

色素増感型太陽電池

ローザンヌ工科大学のMichael Graetzel教授が、1991年にイギリスの科学誌「Nature」で報告した、従来の太陽電池であるSiに代表される無機太陽電池に比べて製造にかかるコストが低く、材料の選択肢の幅が広いことが特徴で、10%を超える変換効率が達成されたことから、次世代の太陽電池として注目されている太陽電池です。

>> さらに詳細な情報はこちら