Pismo


新しいマザーボード・アーキテクチャを採用し、システムバスが100MHzあり、AirPort、FireWireも搭載されるといわれている400/450/500MHzのPowerBookの開発コードネームです。

>> さらに詳細な情報はこちら