Point to Point FSB transfers


チップセットのノースブリッジとプロセッサが専用のバスで接続され、プロセッサとチップセット間のピーク時のバンド幅はそれぞれのプロセッサごとにFSB266MHzの2.1GB/secが帯域として確保できるAdvanced Micro Devices社が開発したマルチプロセッサ独自のサポート部分です。

>> さらに詳細な情報はこちら