Privacy Foundationが発表したJavaScriptの危険性

Advisory on Email Email Wiretapping Richard M. Smith, Chief Technology Officer, Privacy Foundation


Privacy Foundationが2001年2月5日に発表した、JavaScriptをonにして、OutLookやNetcape Messenger 6などHTML文書を受信できるメールソフトで、電子メールのメッセージのやり取りをreplyを用いて繰り返すと、メールを盗み読みされる危険があることを知らせた報告書です。

>> さらに詳細な情報はこちら