SAFARI 2000

outhern Africa Regional Science Initiative 2000

サファリ2000>>南部アフリカ地域科学計画2000

南米のアマゾンで起こった緑地伐採が地球全体に与えた影響を考慮し、米国のNASAがアフリカが地球環境に与える影響を調査することを目的に、1999年から始めた、米国、オーストラリア、イギリス、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、ポルトガル、スウェーデンから200人以上の科学者が協力しているプロジェクトです。

>> さらに詳細な情報はこちら


SAFARI 2000の巻頭ページ
NASAの地球科学ポスター
開拓によって破壊されていくアマゾン
1984年と1994年10月、4月の炭素公害
WWFの地球環境地図Global 200 Ecoregions
南米の2000年インターネット状況
南中米の無線インターネット接続環境の現状
2000年と2001年のスーダンを流れるナイル川の変化
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
NASAが公開した2001年9月11日のフロリダ沖のトルネイド
アフリカの情報会議 Bamako 2002 Conferenceの内容
Afro@digitalが報告したアフリカのデジタル革命の必要性
ドット・フォースが公開したITの利用度調査報告「Digital Opportunities for ALL」
「万人のための教育(EFA)」の達成に向けた進展の評価
新規または拡張された協力事業に関する指針(仮訳)
G8アフリカ行動計画(骨子)
G8アフリカ行動計画(仮訳)
2002年7月3日の川口外務大臣演説
「アフリカ行動計画」実施報告書
特にアフリカにおける飢餓に対する行動G8行動計画
世界銀行環境局が公開した気象変化調査レポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載されたアズテック人
南米の薬学研究者Louise Meyer
南米で発見されたBrechnuss
南米で発見されたUpasの木
南米で発見された試薬の顕微鏡画像
南米のBoninsima島