Samuel


VIA社がJOSHUAの後、2000年下半期に発表するといわれていた、IDT社のWinChip C5をコアに、500〜700MHzで、Socket370互換のインタフェースを採用し、FSBが66/100/133MHzのCPUの開発コードネームです。

>> さらに詳細な情報はこちら