samurai


カナダのSF作家ウィリアム・ギブソン(William Gibson 1948 )の未来小説「ネットカウボーイ(Netcowboy)」に登場する日本の昔のサムライのような産業ハッカーを手本にしていることから使われた、産業ハッカーの名前です。ただし、「samurai」は、宮本武蔵の「五輪書」を参考に、雇い主への忠誠という倫理を堅く守り、犯罪的なクラッッキングが起こし、破壊と窃盗を繰り返すハッカーは、倫理を犯す者として「samurai」も軽蔑しています。

>> さらに詳細な情報はこちら