santa barbara security bug


Netscape Communications社のNetscape Communicator 4.02上で1997年9月にカリフォルニア大学サンタバーバラ校によって発見された、悪意のあるハッカーのウェブサイトを訪問すると、ハッカー作成のブラウザ・ウィンドウを通して、ユーザーの個人情報が取得可能になるバグです。

>> さらに詳細な情報はこちら