SBM

Super Bit Mapping

スーパー・ビット・マッピング

高音質CDを作るためのデジタル信号処理技術の1つで、20ビットマスターテープの信号を16ビットに変換する際に、量子化ノイズの周波数を人間の耳の特性に合うカーブに修正して信号処理し、一般のCDよりマスターテープに近い音質になる技術のソニーの登録商標です。

>> さらに詳細な情報はこちら