scavenging

スカビンジング

「scavenge」とは、清掃すると意味があり、腐ったモノを食べて生きているハイエナやハゲタカなどの動物や廃品回収業者、汚い仕事をする人などによく使われる「スカベンジャー(scavenger)」としても使われるが、企業などが捨てた紙ゴミなどをあさって、不用意に捨てられた機密情報のプリントアウトを探し出す手口の総称。IT会社のゴミ箱は、ハッキングの宝箱とまでクラッカーは言っている。また、廃棄されたコンピュータのハードディスクを解析したり、フロッピーディスクやCD-Rなどの記憶媒体から情報を引き出す手口も「スカビンジング」に含まれることもある。