SERVE(Secure Electronic Registration and Voting Experiment)


大統領選や議員選挙、州知事選など、2004年には米国国内で10万以上の電子選挙が実施されたが、この電子選挙が妨害されたり、不正が起こることは米国政府に対する攻撃であるということから、米国の国防総省が推進している、電子登録と選挙の安全性を調査するプログラムです。

>> さらに詳細な情報はこちら