SHML(SHaft Markup Language)


福井市のシャフトが独自に開発した、IモードのCHTML、EZwebのHDML、J-SkayのMML(Mobile Markup Language)など、携帯電話間の仕様の差異を埋め、1種類のページ言語で3種類のページ言語に自動変換し、コンテンツを1つのソースコードで作成できるマークアップ言語です。

>> さらに詳細な情報はこちら