SIT(Static Induction Transistor)

静電誘導トランジスタ

東北大学名誉教授西澤潤一教授により提案された、半導体のpn接合により電流をオン/オフするタイプで、チャネルが半導体内部にあり、界面の影響を受けずにすむことから、半導体
特有の物性値を最大限活用でき、損失低減に最も有利なトランジスタです。

>> さらに詳細な情報はこちら