SMATDrive


Windows 3.1やMS-DOS5.0以降は動作を高速化にするために、メイン・メモリの1部をキャッシュ・メモリに割り当てた部分です。Windows 95ではSMATDriveからVCACHEという32ビットのディスク・キャッシュが使われるようになりました。

>> さらに詳細な情報はこちら