SNPタイピング技術


GLP(Good Laboratory Practice)を得るための生体分子コンピューティング技術の1つで、ゲノム上でのSNP位置の情報をもとに患者や健常者の試料について候補となる遺伝子、またはその周辺領域に存在するSNPについて解析を行い、疾患関連遺伝子などを同定するため用いる技術のことです

>> さらに詳細な情報はこちら