SPML(Service Provisioning Markup Language)


XML標準化団体OASISが標準仕様として2003年11月19日に「SPML V1.0 」を正式承認した、複数組織の間でシステム・リソースの配分を行うためのXMLベースのフレームワークを提供し、ユーザー・アカウントやアクセス権を、電話システムや電子メール・アカウントおよび企業アプリケーションなどに割り当てる、プロビジョニングを実現するための統一した仕様です。

>> さらに詳細な情報はこちら