SR-chirp

Subband Reception of chirp PSK


情報を拡散信号に変換し、広域帯域で伝送するスペクトル拡散方式の1つで、松下電器産業が開発した伝送方式の名称。一般的には受信側で拡散信号を逆拡散して電波の干渉成分を一旦分解し、それを再合成して受信データとして受け取るが、チャープ信号をで拡散した信号をサブバンドという複数の部分帯域に分けて受信し、もっとも良好な受信情報を選択してデータを受け取る方式を採用している。この方式は逆拡散方式の変わりにダイバシティに基ずく動作原理があり、規定帯域内での多チャンネル化など、拡散させる帯域が狭い場合でも電波干渉への対応性がある。SR-chirpではパスダイバシティとサブダイバシティを利用して、常に安定した情報通信を実現している。