SSA

Serial Storage Architecture


MPUや内部バスの処理速度の高速化に対応した接続方式で、来のSCSIのデータ転送量が最大20Mbpsであったのに対し、8倍の160Mbpsにまで大幅に高速化でき、1秒間に最大3,000回の入出力が実現できます。

>> さらに詳細な情報はこちら