steganography

steganographic encryption

ステガノグラフィ/情報迷彩技術/電子あぶり出し技術/深層暗号化技術/電子迷彩技術

自然の動植物にみられる擬態に近い技術で、デジタルな擬態と言われ、ギリシアの歴史家ヘロドトスが書いた文章に登場する人を騙す方法として使われたことで、歴史的には知られています。

>> さらに詳細な情報はこちら


Jean Francois Niceronの解説-1
Jean Francois Niceronの解説-2
Jean Francois Niceronの解説-3
Leonardo da Vinciの隠し絵
Saint Peter and Saint PaulのChrist and the Angel in Gethsemane
何かが隠されているといわれている画像(未確認)
視覚錯覚絵-1
視覚錯覚絵-2
視覚錯覚絵-3
視覚錯覚絵-4
視覚錯覚絵-5
視覚錯覚絵-6
視覚錯覚絵-7
視覚錯覚絵-8
視覚錯覚絵-9
視覚錯覚絵-10
視覚錯覚絵-11
視覚錯覚絵-12
視覚錯覚絵-13
視覚錯覚絵-14
視覚錯覚絵-15
視覚錯覚絵-16
視覚錯覚絵-17
視覚錯覚絵-18
視覚錯覚絵-19
視覚錯覚絵-20
視覚錯覚絵-21
視覚錯覚絵-22
視覚錯覚絵-23
視覚錯覚絵-24
視覚錯覚絵-25
視覚錯覚絵-26
視覚錯覚絵-27
文字に隠されたデータ(未確認)
The CDISS Databaseのテロの歴史
The CDISS Databaseのテロの歴史1945〜1949
The CDISS Databaseのテロの歴史1950〜1959
The CDISS Databaseのテロの歴史1960〜1969
The CDISS Databaseのテロの歴史1970〜1979
The CDISS Databaseのテロの歴史1980〜1989
The CDISS Databaseのテロの歴史1990〜1998
米国同時多発テロで登場したa Special Patriotic(愛国心) Page
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「涙を流す白頭鷲」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCと天子」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCとマリア」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「硫黄島占領とWTC」
a Special Patriotic(愛国心) Pageで流された音楽
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill目次
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-1
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-3
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-4
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-5
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-6
雨がえるの擬態
産業構造審議会知的財産政策部会第1回特許制度小委員会での配布資料
産業構造審議会知的財産政策部会第1回特許制度小委員会報告書
2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
Homeland Securityのために組織される米国政府関連組織図
それぞれの持っているデータベースの情報をシェアリングする相関図
情報シェアリングの実験レポート
報シェアリングの重要性と経済性についてレポート
The DI and ''IT''---Failing to Keep Up With the Information Revolution
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
イギリスの独立系シンクタンクが提供する情報に関する「Open Acces」
GAOが2003年12月12日に公開した、テロと経済に関するメカニズムのレポート
FBIの2004年 2009年計画
ドイツのBig Brother2004技術賞として、「キヤノン・ドイツ」
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」
毎日届く「fbi.gov」「cia.gov」のウイルス付きメール
Binghamton Universityが2006年2月3日に公開したリリース

FBI(Federal Bureau of Investigation)
reversible data hidinng
フォトショップ
電子の透かし
スペクトラム拡散通信
著作権
デジタル映像の著作権保護
デジタル化権
知的所有権担保融資
著作隣接権
知的財産権
強制ライセンス
BMI
違法コピー・ホット・ライン
WIPO
PictureMarc
グラフィックマン
サイバー・ノマド
DVD-ROM
フォトショップ
DVD-RAM
DVD-R
21世紀の知的財産権を考える懇談会報告書
インターネット弁護士協議会
暗号技術
マイクロソフト・インターン・プログラム
PictureMarc
グラフィックマン
MusicReport
InfoProtect
オブジェクト認証
版権ビジネス
FBI長官の不安と願望
万国著作権条約
セキュア・アーカイバ
パソコン関連の著作権事件年表
NSAFER
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
VerSecure
BPCS-Steganography
暗号技術
サイファー・パンク
Quicken Business CashFinder
データベース保護法案
DVDマルチプレイ
セキュリティ・フォント
APS(Analog Protection System)
CSS暫定機構
CPTWG
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
Corbis
デジタル情報の劣化消滅
PRUG 96 Project
プロテクト外し規制
OSTA(Optical Storage Technology Association)
スタイル・シート
DivX
自己補正型光ヘッド制御方式
CIA Kids Page
C-BOX
ラナム法
In-Q-Tel
CATT(Cyber Attack Tiger Team)
電子あぶり出し技術
Concealogram
2次元コード
ハーフトーン・ドット
BRD(Blu-Ray Disc)
国際知的財産保護フォーラム
国際知的財産シンポジウム
Flexible CD
Creative Commons
.kids.us
米国国土安全保障省
H2K2
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
バーチャル著作物マーケット
有機色素塗布型青紫レーザー追記型ディスク
HighM.A.T.
matriXign
FISA
軍事IT
自由利用マーク
EYEマーク
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
CATCH(Computer and Technology Crime Hi-Tech Response Team)
NHTCU(National Hi-Tech Crime Unit)
アカウンタビリティ
知的財産高等裁判所
IP公民権運動
CIA(Central Intelligence Agency)
Homeland Security Advisory System
適応カムフラージュ
Operation Peer Pressure
SpotCodes
オノマトペ
Asymmetric Warfare
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
Def Tech
SOFEX(Special Operations Forces and Homeland Security)
中国インターネット協会インターネット著作権連盟
KODAK Preservation
暗号の2010年問題