S-ラベル日本コンソーシアム

S-ラベル日本共同事業体

Single Chip System)社が開発した無線によるデータ識別RFID技術を日本国内で普及させるために、ニューテクノロジーコーポレーションが結成を呼びかけ、大日本印刷、日本ビクター、オムロン、ヤマハ発動機など約10社が参加して、1996年11月に設立されたコンソーシアムです。

>> さらに詳細な情報はこちら