Sub-QCIF


QCIFを補足するため、さらに縮小した映像信号フォーマットとして、ITUが定めた映像符号化標準のH.263、テレビ会議システム標準のH.320やH.323などで用いられる128×96画素の規格です。

>> さらに詳細な情報はこちら