SubVirt


Microsoft Researchとミシガン大学(University of Michigan)の研究者が開発し、Windows Vistaで導入されるVM(仮想マシン)をベースにしたrootkitで、悪意のあるコードがユーザーのOSの限界を越えて取ることができることで検出は不可能であり、社会問題化しています。

>> さらに詳細な情報はこちら