W3C

WWW Cinsortium

ワールド・ワイド・ウエーブ・コンソーシアム/ワールドワイド・ウェブ国際コンソーシアム

1994年10月にマサチューセッツ工科大学で設立され、1995年4月にはヨーロッパの拠点としてフランスのINRIAを迎え入れ、1996年8月にはアジアの拠点として慶應大学湘南藤沢キャンパス研究所をホスト機関として迎え入れたWWWに関する各種規格を検討し、その情報の配布や管理を行うために組織された団体です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
西欧のインターネット状況
NCLのプライバシー問題報告
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
ヨーロッパのモバイル・バンキング予測と地域別利用パーセント
IDCのWAPを利用した2000年〜2004年のモバイル・バンキング予測
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
Making New Technologies Work for Human Development
TAG立ち上げのリリース
TAG立ち上げのリリース推薦状
TAG憲章
W3Cによる最終的な「Royalty-Free Patent Policy 」のドラフト
OWASPが公開したWebサイトの脆弱性トップ10 ver.1
第3回ヨーロッパの科学と技術指標レポート2003
W3Cのブリーフィングのリリース
W3CがUSPTOに要請したレター
戦略的な国際標準化の推進に関する提言(概要)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言
Windows XPとInternetExplorerの修正を延期リリース
Architecture of the World Wide Web, Volume One
「Google Sets」でセマンティック画像検索を実証した論文
Mobile Web Best Practices 1.0