ACG(the Advanced Concepts Group)

先進的構想グループ

第2次世界大戦中に原子爆弾を開発したマンハッタン計画のために創設された、米国のニューメキシコ州アルバカーキーにあるサンディア国立研究所(Sandia National Laboratories)で、国内外で起こる可能性があるあらゆる軍事的脅威を予測し、それを阻止することを目的として、1999年にPaul Robinsonが設立されたシンクタンクの名称。ACGは当初、人間のコンディションに関する問題を研究する「the Red Team」と、世界システム(Global Dystem)を研究する「the Gree Team」が作られ、さらに世界規模の長期戦争について研究する「the Black Team」と、短期間の戦争について研究する「the Gray Team」が作られた。2001年9月11日に起こった同時多発テロで「ACG」は一気に注目され、「テロによる戦争(War On Terrorism)」が中心のテーマになり、SDAC(Sense/Decide/Act/Communicate)、SSB(Smart Secure Borders)、FACETS(Fractal Approaches to Clarifying & Enabling Timely Support)、DICTUM(Dynamic, Integrated Capability for Threat Understanding and Management)という4つのコンセプト・チームが研究に携わるようになった。詳細情報はURL(http://www.sandia.gov/ACG/)で知ることができる。また、コンセプト・チームの「SDAC」についてはURL(http://www.sandia.gov/ACG/sdac.htm)で、「SSB」についてはURL(http://www.sandia.gov/ACG/ssb.htm)で、「FACETS」についてはURL(http://www.sandia.gov/ACG/facets.htm)で、「DICTUM」についてはURL(http://www.sandia.gov/ACG/dictum.htm)で知ることができる。米国のGAOは2003年6月24日に、軍事戦略実施中の現状報告書「Military Operations: Contractors Provide Vital Services to Deployed Forces but Are Not Adequately Addressed in DOD Plans. GAO-03-695」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-695)で知ることができる。PBSは2003年11月12日から米国で放映する、米国が参戦した戦争時の現場レポートを特集した「Reporting America at War」を公開した。時代によってレポートの内容や方法がリアルタイムで知ることができ、まさに戦争下ジャーナリズムの歴史といえる。詳細情報はURL(http://www.pbs.org/weta/reportingamericaatwar/)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月18日に、国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート「Homeland Security: Risks Facing Key Border and Transportation Security Program Need to Be Addressed, by Randolph C. Hite, director, information technology architecture and systems issues, before the Subcommittee on Immigration, Border Security, and Claims, House Committee on the Judiciary. GAO-04-569T」と、顔面認証に関する長期計画としてBarbara D. Bovbjergによる実証実験レポート「Private Pensions: Multiemployer Pension Plans Face Key Challenges to Their Long-Term Prospects, by Barbara D. Bovbjerg, director, education, workforce, and income security issues, before the Subcommittee on Employee-Employer Relations, House Committee on Education and the Workforce. GAO-04-542T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-569T)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-542T)で知ることができる。IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会)のSociety on Social Implications of Technologyが発行している学会誌 「IEEE Technology and Society Magazine」の2004年春号(Vol. 24, No. 1)に、ノートルダム大学コンピュータ科学技術(Computer Science & Engineering University of Notre Dame)のKevin W. Bowyer教授による「Face Recognition Technology: Security versus Privacy(顔認識技術:セキュリティ対プライバシー)」が掲載された。詳細情報はURL(http://www.njcc.com/%7Etechsoc/2004sprg.html)で知ることができる。またKevin W. Bowyerは2003年8月5日に、2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロ以降における「Face Recognition Technology And The Security Versus Privacy Tradeoff(顔認識技術とセキュリティ対プライバシーの考察)」をPDFで公開している。また、Kevin W. Bowyer教授はSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2002とSIAC(Summer Institute for Advanced Computation)2003で実施したプレゼンテーション資料を公開している。詳細情報はURL(http://www.cse.nd.edu/~kwb/nsf-ufe/SecurityPrivacy.pdf)または、URL(http://www.cs.wright.edu/itri/EVENTS/SUMMER-INST-2002/SIAC02-Bowyer.ppt)または、URL(http://www.cs.wright.edu/itri/EVENTS/SUMMER-INST-2003/SIAC03-Bowyer.ppt)で知ることができる。「核武装しろ(Go Nuclear)」ということで始まった「マンハッタン計画(Manhattan Project)」が、初めて核爆発実験を実施してから、2005年7月16日で60周年を向かえることから、Camron Assadiと彼のpyrophiliacsのチームが「Make your own mushroom cloud(あなた自身のキノコ雲を作ってください)」というSimnuke Projectを開始した。詳細情報はURL(http://www.simnuke.org/)で知ることができる。

[Atomic Weapons by the Numbers]
Force of the first nuclear device tested(最初の核実験の威力): 18.6 kilotons
Force of nukes dropped on Hiroshima(広島の核爆弾の威力): 14 kilotons
Deaths from Hiroshima and Nagasaki attacks(広島と長崎の核爆弾死者数): 110,000
Largest nuke ever tested by US(米国最大の核爆弾の威力): 15 megatons
Nations with nuclear arms programs(核兵器プログラム), 1972: 5
Nations with nuclear arms programs(核兵器プログラム), 2005: 10
US nuclear weapons destroyed since 1988(1988年以来破壊された米国の核兵器): 13,000
Unemployed Russian nuclear scientists(失業しているロシア人の原子物理学者), 2005: 35,000