Adobe ePaper Solutions


米国のアドビ・システムズ(Adobe Systems)社が、ビジネスプロセスを分断している紙とデジタルの障壁を取り除くために開発したソリューションの名称。紙が持つ「誰もが読める」という優位性と、デジタルの「迅速に大量配布が可能で、 修正・加工・複製が容易」というメリットを融合し、文書管理の低コスト化と、企業内・企業間のコラボレーションとコミュニケーションの向上、 新しいデジタルビジネスの構築を可能にすることを目的に開発された。1999年11月10日に、Adobe Systems社の取締役会会長兼社長のDr. Charles M. Geschkeが幕張メッセ国際会議場で開催されたCOMDEX Japan '99で、米国や日本の事例を織りまぜて紹介した。Adobe社のePapaerに関する情報はAdobe ePapaer CenterのURL(http://www.adobe.com/epaper/ebooks/main.html)で知ることができる。2001年のMac WorldにAdobe Systems社不参加とcnetで報道され、一斉に巷の雀が、1998年に起こったQuark社からの買収申し込み事件の再来と再び騒ぎ始めた。詳細情報はURL(http://japan.cnet.com/News/2001/Item/010713-3.html?mn)で知ることができる。Adobe Systems社は2005年4月18日に、Macromedia社を約US$34億で買収する契約を締結したと発表した。詳細情報はURL(http://www.adobe.com/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200504/041805AdobeAcquiresMacromedia.html)で知ることができる。Adobe Systems社は2005年10月13日に、Macromedia社の買収計画に
ついて、米国司法省から承認を受けたと発表した。詳細情報はURL(http://www.adobe.com/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200510/101305DOJ.html)で知ることができる。Adobe Systems社は2005年12月3日に、Macromedia社の買収を完了した。