Amiga

アミーガ

1982年にフロリダの3人の歯科医師によって誕生し、ビデオに適応させたことで注目された米国のCommodore International社製のパソコンで、CPUには米国のモトローラ(Motorola)社製68000系のチップを使用していたOSの名称。1985年に発売されたAmigaは、独自のグラフィックス機能とマルチ・タスクOSを搭載し、グラフィックス専用マシンとしてパソコンの中で異色の存在として、映画やテレビ、ビデオ制作の分野など、世界中で使われるようになった。標準装備ではビデオ出力をもたないが、専用のグラフィックスボードである米国のNewTek社が提供するVideoToasterを組み込むことにより、ハイエンドな映像制作マシンに変わる。価格的にもパソコンの価格を上回るものではないため、米国では劇場映画ほど費用をかけることができないTV映画などの本格的な3D-CGアニメーションの制作に積極的に使われていた。しかし、1994年に米国のCommodore International社が倒産し、生産が停止されたためヨーロッパCommodore社以外ではAmigaの購入が困難になりった。ドイツのパソコン大手であるエスコム社(S COM)は、経営が行き詰まった米国のCommodore International社の技術を競売で入手し、1995年9月から音声・映像が取り扱いやすいマルチメディア対応のホーム・コンピュータとして上級機種のAmiga4000Tの生産を再開した。同社は、Amiga技術を統括するAmiga Technologys社をドイツのヘッセン州ベンスハイムに設立し、米国を中心に販売網や生産拠点を確保している。1997年3月27日に米国のゲートウェイ(Gateway)社はドイツのAMIGA Technologies社を買収し、マルチメディアパソコン「AMIGA」に関する特許、登録商標、商標などをすべて獲得した。AMIGA Technologies社は、AMIGA International社と名称を変更し、GATEWAY社の独立した事業部として、Motorola社の68040/68060を搭載したAMIGA 4000Tなどを製造販売し、新製品の開発も始めた。BrowserWatchによると、JavaがAmiga上でも動くようになった。詳細情報はURL(http://browserwatch.internet.com/news/story/news-980225-9.html)で知ることができる。1998年5月にはURL(http://www.amiga.com/)がオープンし、1998年12月16日にはドイツのAMIGA International社はCloanto社と提携し、Cloanto社がWindows用Amiga OSオンライン版Amiga Foreverをリリースした。詳細情報はURL(http://www.cloanto.com/amiga/forever/online.html)で知ることができる。また、有料でダウンロードも可能である。ドイツのAMIGA International社のホームページはURL(http://www.amiga.de/)である。ただし、MacOSと競合したようなAmigaOSは当分期待できず、OSとハードウェアの参照仕様をPC/デジタル家電メーカーに供給することが主業務になり、将来のAmigaには、システムコストを引き上げることなしに機能を高めるために、LinuxやJava、Jini、MAJC、USBなど既製コンポーネントが多用されることになりそうで、MIPSプロセッサやローコストx86チップの採用も検討している。GATEWAY社(米国のGATEWAY社は2001年8月28日に、事業見直しで日本を含む海外事業から撤退した)は、Amigaのドメイン名やAmigaシステムの技術を500万$でアミノ・デベロップメント(Amino Development)社に売却したことを1999年12月3日28発表した。詳細情報はURL(http://www.gateway.com/about/spotnews/releases.shtml)で知ることができる。2000年4月1日にセントルイスで開催されるAmiga 2000で、Gateway社が新しい開発者向けマシンを発表し、イギリスのタオ・グループ(Tao Group)社のイレイト(Elate)OSを基に開発したOSも発表されるということである。米国のAmiga社は2000年10月21日に、6年ぶりにメディアコンテンツ処理に特化した「AmigaOne」の仕様を発表した。2000年12月6日にWindowsとMacntosh向けのエミュレーションソフトAmiga Forever 4.0を発表した。詳細情報はURL(http://www.cloanto.com/amiga/forever/)で知ることができる。米国のAmiga社は、同社が開発を進めてきたソフトウェア「AmigaDE(Digital Environment)」が、世界に先駆けてスウェーデンで販売が開始されているNokia製の多機能セットトップボックス「Media Terminal」にプリインストールされていることを発表した。詳細情報はURL(http://www.amiga.com/corporate/022202-nokia.shtml)で、Nokia製の「Media Terminal」についてはURL(http://www.nokia.com/multimedia/mediaterminal.html)で知ることができる。米国のAmiga社は2002年3月12日に、PC/デジタルTV/インターネット家電/携帯電話/PDA/セット・トップ・ボックス(STB)などのプラットフォームで、共通のアプリケーション実行環境を提供するプラン「Amiga Anywhere」を発表し、2002年4月にはWindows CE .NETを搭載した製品をターゲットにしたアプリケーションの配布を開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.amiga.com/corporate/031302-wince.shtml)で知ることができる。米国のAmiga社は2002年4月11日に、付属のアプリケーション実行環境「Amiga Anywhere Content Engine」を起動することで、シューティングゲーム「Planet Zed」、パズルゲーム「Convex」、パックマン・スタイルのゲーム「Gobbler」、トランプゲーム「Solitaire」が楽しめる、Windows CE 3.0/.NETおよびPocketPC/PocketPC 2002対応のAmiga Anywhere Entertainment Pack #1」を発表した。詳細情報はURL(http://www.amiga-anywhere.com/microsoft/index.shtml)で知ることができる。

[Amino Development社のリリース]
? ? EXECUTIVE UPDATE

January 3, 2000

YeeHaw and welcome to the year 2000;

I want to make something very clear from the beginning we have been told, that Amiga was purchased by Gateway because of the Patents, and that there were not even aware of the Amiga installed base, or the people.

Gateway purchased Amiga because of Patents, we purchased Amiga because of the People.

Without the people standing behind, developing, creating, purchasing and continuing to believe in the Amiga there never would have been anything for Gateway to purchase. We recognize this, and it is because of you, and what you have continued to accomplish with Amiga that we have purchased the company.

I want to make sure that everyone knows and understands what this all means to you the true Amigans.

Here is what was acquired from Gateway:

1. All trademarks logo's etc.
2. All existing inventory of Amiga International
3. All existing licenses.
4. License to All Amiga patents (Gateway still owns the patents, but we are able to use them).
5. All web sites, and registered domain names.
6. The Amiga OS and all that is associated with the OS.
7. The Amiga operation as it exists today.

Specific details of the developer system, the OS partners and how one can begin developing will be released in the next couple of weeks.

We will be making an announcement on January 8th, 2000 with one of our partners at CES in Las Vegas, and more details will follow that release.

Fleecy, Myself, Petro, and the rest of the team are not going to make promises and create presentations and demos. We are going to deliver products, services, and the rest of the world will know what you have already known.

We will be officially changing the name of Amino Development Corporation to the Amiga Corporation this week, and we will let everyone know of this change shortly once it is officially completed.

I want to thank all of you for your continued support we will make Amiga what it should have been, and more importantly what it will be.

Keeping the faith,

Bill McEwen President/CEO Amino Development Corporation

Copyright by AMIGA