Bottomdollarショッピング検索機能

Bottomdollar Shopping Search Functionality


ウェブセントリック(WebCentric)社が提供しているインターネット上の「BottomDollar.com」にあるWeb小売店専用のサーチ・エンジンで、ユーザーが選択した商品の価格を返送してくれる機能の名称。ユーザーはリアルタイムで価格が参照できることから、複数のショップで同じ商品を選択すれば、その時点で最も低価格の商品を見付けることができる。詳細情報はURL(http://www.bottomdollar.com)で知ることができる。
米国国内最大のインターネット・ローカル・コンテンツプロバイダのCIMedia(シーアイ・メディア/Cox Interactive Media)社は1998年10月6日にWebCentric社と契約し、CIMedia社が提供する都市サイトすべての新ショッピングチャネルに「BottomDollar.com検索機能」を組み込むことを発表した。選択できるショップの数が増えれば、ユーザーはより多くのショップから欲しい商品を低価格で購入できることから、今後このようなサーチ・エンジンがオンライン・ショッピングの世界に多くのユーザーを呼び込むことになる。
これまでのYahoo!やInforseek、Lycosなどが提供するサーチ・エンジンは、インターネット上のサイトを検索することを主眼にして数だけで競ってきていたが、これからはこのようなユーザーの目的に合った、特殊なサーチ・エンジンが多くなることだろう。とくに量産され、価格の変動が激しいインターネット上のパソコン・オンライン・ショッピングや、中古商品のショップなどでは、秋葉原や中古ショップなどに行って価格を比較する手間が省け、ショップのブランドがそれほど意味を持たない商品を低価格で選択できるようになり、より多くのユーザーが店舗経費を削除したショップを持たないバーチャル・ショップでのオンライン・ショッピングを全国から平等に利用できるようになる。
このようなマーケットが存在感を持つようになれば、量販店の店舗販売システムが大きく変貌し、同時に料金だけを入金させ、商品を発送しない詐欺商法も増える変わりに、信用できるショップが急激な売り上げを計上することも充分考えられる。昔から商売において言われてきた「信用」が最も重要なキーワードになることだろう。CIMedia社についてはURL(http://www.cimedia.com)で知ることができる。
Pew Internet & American Lifeはサーチ・エンジンの2005年11月レポートを公開し、サーチ・エンジン使用は、主要なインターネット・アプリケーションとして昨年と比較して急上昇し、サーチ・エンジンは、米国のインターネット・ユーザーのオンラインでますます重要な部分になり、ごく最近のcomScore Media Metrixの消費者調査結果から、約6,000万人の米国の大人が典型的にサーチ・エンジンを使用していることを示したと報告している。集計された調査結果は、2004年中頃ではサーチ・エンジン利用者が30%であったのが、2005年9月には41%と急激な増加を示し、これは平均毎日サーチ・エンジンを使用している数が2004年6月の約3800万から2005年9月に約5900万まで成長したことを示し、別途調査した comScore データでは、2004年9月から2005年9月までのサーチ・エンジンの一日平均使用が4930万人のユーザーから6070万人のユーザーと23%も増加していたとも報告し、この結果から、サーチ・エンジンの活用法が、主要なインターネットとして利用されてきた電子メールににじり寄っていることを意味している。
しかし、The Pew Internet Project dataによれば、インターネットの毎日の利用で電子メールはまだ一番上位で、2004年6月の45%から、約52%の米国インターネット・ユーザーは、電子メールを毎日送受信していると報告している。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/167/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_SearchData_1105.pdf)で知ることができる。
20th Anniversary Holiday Mood Surveyの調査によると、このホリデーシーズンにおけるDeloitte&Toucheの小売支出傾向は、ハリケーンのための継続的な情け深い貢献と地震の被災者と同様に、米国人は彼らの家、非贈り物の衣服、および休日備品で休日を楽しませるためにお金を使うと予測した。調査された家庭の68%は、昨年と比べて、今年のホリデーシーズンの間に多くの出費を計画していると言い、これらの調査調査結果は、11月から1月までの期間昨年の例外的な8.6%増加する売り上げで、最近の10年間の平均伸び率を超えると報告し、贈り物への総合的な支出は下がっていると予想されているが、Baby Boom世代の豊富な資金を反映して55歳以上の消費者は昨年より贈り物に6%費やすことを計画している。
さらに、それらの支出が普通の消費者がUS$604に対して、22%高いUS$735ドルより多いと予想されている。休日予算のいくつかをインターネット(69%)に費やす消費者は年前と同じ割合で、総休日をインターネットで費やす消費者は21%の状態で、消費者の 1/3は、より高いガソリン価格がインターネットで買い物をする理由に貢献したと言及した。応答者の80%は、20年前より少ない店で買い物をすると答えた。詳細情報はURL(http://www.retail-merchandiser.com/index2.php?option=com_content&do_pdf=1&id=12913)または、URL(http://www.deloitte.com/dtt/home/0%2C1044%2Csid%25253D1000%2C00.html)で知ることができる。 Informed Marketer Newsは2005年11月30日に、「Five Ways to Boost Your Year-End Sales(年末の販売を上げる5つの方法)」を公開した。会社は、年末の販売数を伸ばすために、1か月にわたって少しの援助することで、年末に後押しする若干のeasy-to-implementヒントとして、
1. Promote year-end deals.
2. Find new unexpected ''hot'' prospects.
3. Sell to existing customers.
4. Zero in on key known prospects.
5. Try out something new and different - include a podcast.
を提案した。詳細情報はURL(http://newsletter.imninc.com/e_article000493666.cfm?x=b6dNdvk,b1d2GR6d)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年1月4日に、BurstMediaが18歳以上の1万1500人のウェブユーザーを対象に実施した調査レポートを紹介し、広告主はインターネットでしばしば個人的な仕事でタスクに従事している場合、彼らの仕事が関連していなかったり、オンラインで彼らの時間の重要な塊を費やすときに、買い物をするように連絡ていたと報告した。
これは大きな問題で、せっかくのインターネット広告が逆効果を発生させる可能性を含んでいる。
18-34歳のセグメントの約35.5%の応答者は、オンラインで1日あたり3時間以上を最もアクティブに過ごすと言い、41.5%は1日あたり3時間以上オンラインにいたと答えた。
大部分(72.6%)は、家庭でオンラインを利用することが多いと認識しているが、22.8%は、仕事場が多いと答えた。
25-34歳の中では、32.8%の男性と28.4%の女性は仕事場でオンライン利用することが多い。
年収(家計所得/HHI)US$10万以上の33.1%は、仕事場でオンライン利用することが多い。
平均的に、仕事におけるインターネット使用は、オンラインで26.6%(28.0%の男性; 24.2%の女性)が昼間の時間を過ごしている。
18-24歳と25-34歳のセグメントは、仕事場のオンラインでそれぞれ 34.4%と29.8%が個人的な使用のための時間をゆったり過ごしていた。
自分達の第一ウェブサーフィンの場所は、仕事をする人は、事務所で毎日オンライン時間の大部分(63.9%)過ごしていた。
学校や家庭で活動する人は、それぞれ34.3%と14.3%で、毎日昼間の時間にオンラインで過ごしていた。
メールかインスタントメッセージを家族か友人に送るより、半分(52.9%)が仕事でオンラインを使用していた。
約半分(48.6%)の人が仕事中に、定期的に地方情報でチェックするか、見ていた。続いてオンラインの全国ニュース情報(42.1%)、オンラインバンキング(32.3%)を使用していた。
仕事中に買い物をするのは一般的で、半分(51.2%)は仕事中にオンラインで身の回り品の買い物をし、男性は56.4%対45.5%の割合で仕事中に身の回り品の買い物をしていた。
仕事中に買い物情報活動をした人で、18.4%は土壇場での購入、25.1%は店の場所の確認、25.8%は小売価格の比較、26.6%はブランドや商品の特徴を調査し、31.7%は購入していたと報告している。
そう言えば、社員のオンライン活動を企業がチェックしていると言う情報もあり、これらの情報が大量に企業へ漏れている可能性も高い。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/online-at-work-audience-a-prime-target-for-advertisers-2921/)または、URL(http://www.burstmedia.com/assets/newsletter/items/2007_11_01.pdf)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月23日版最新レポート紹介で、TNS Retail Forwardによる「最悪になると予測したホリデー・シーズン予測レポート」を紹介し、ホリデーシーズンの売り上げは、ここ17年間で2008年は最も弱くなり、1991年の第4四半期成長の1.2%以来、前年比1.5%成長になると予測した。
TNS Retail Forwardの先任エコノミストFrank Badilloは、「戻し減税からの後押しがなくなるとき、ホリデーシーズンの売り上げ予測は穏やかな第3四半期の成長からの弱化を表します。」
「ガソリン価格におけるゆるみからの利益は、家庭で失業を増加させ、よりきついクレジット、および他の苦労の影響によって圧倒されるでしょう。」
「そして、残念ながら経済状態における傾向は、差し迫った回復の兆候を全く提供しません。」と言っている。
予測に含まれているのは、多くのホリデーギフトを伝統的に購入するところの日曜大工店、カタログ、およびオンライン販売と同様にGAFOとして知られている雑貨は、従来としてそのようなものに格納され、そして、ディスカウントショップ、スーパーセンターは、クラブ、衣服店、家具、家財道具、家電、および他の専門店に入れた主要な小売部門である。
デーシーズンの小売販売成績*(第4四半期の前年比の成長):
* 1997: 4.70%
* 1998: 6.80%
* 1999: 8.20%
* 2000: 3.90%
* 2001: 2.20%
* 2002: 2.80%
* 2003: 6.00%
* 2004: 6.50%
* 2005: 7.00%
* 2006: 3.80%
* 2007: 2.70%
* 2008FC: 1.50%
本格的な不景気は、年末に向かってさらに加速することが予測されている。
政治家は、この不景気(大不況)にどう対応するのか?
無能な政治家は、完全に消えて欲しい!
総裁選!
選挙のための演説!
それらはすべて、国民を忘れた行動である。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/weakest-retail-holiday-season-since-91-forecast-6080/)または、URL(http://www.retailforward.com/pressroom/PressReleases/091708.asp)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11087)で知ることができる。


B to Cの女性による評価(1999〜2000)
オンライン購入ユーザーの感覚
1999年第4期と2000年第1期のB to C比較
オンライン購入ユーザーの行動と反応
オンライン購入ユーザーの将来に対する期待
B to Cユーザーのプライバシー関連情報の購読率
B to Cユーザーが心配する個人情報流出
オンライン・クーポンのカテゴリー別利用頻度
2000年のオンライン・ショップ・カテゴリー・トップ10
オンライン・ショップの利用頻度別割合
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
オンライン薬局で購入する薬品ランキング
オンライン薬局の利用目的と人種別利用頻度
B2Cのよる米国の1999〜2004年の歳入の流れ
国際的なB2Cによる1999〜2003年の増収予測
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
米国の人種別オンライン利用比率2000/04/11現在
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
米国の13〜24歳がオンラインで購入する商品の傾向
オンライン・ショップと中卸業
オンラインの冷やかしと商人の戦い
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
タイプ別オンライン・ショップの割合
インターネット・ショップの売り上げとその割り合いの比較
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
2000年年末商戦のために変更したショッピングの分類
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
カナダのErnst & Youngで購入される商品カテゴリー別データ
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
2000年年末商戦の米国における結果報告
日本が対象外になった2000年の世界のインターネット・ユーザーとe-commerce
2000年年末商戦におけるイギリスのe-Retail
2000年年末商戦のカテゴリー別販売実績
Price water Houseの2000年年末オンライン・ショッピング調査結果
国別12〜24歳のインターネット・ウインドゥ・ショッピング比較
2000年と2001年の業種別オンライン・ショップ低迷現象
the e-tailing groupによるe-Retailの調査報告
IPSOS Reidの世界のオンライン詐欺情報
オンライン・ショッピングを利用する層と販売商品ランキング
Valention RadfordによるPower SopperとRegular Sopperの比較
1999/Q4〜2001/Q2のB2C変動
米国における2001/Q4のB2C
ユーザーがオンライン・ショッピングを止めた理由(Vividence社調査)
comScoreが2001年12月14日に発表したオンライン小売り売り上げ高
コンベアーで送られる中古パソコン
中古パソコン再生工場内部-1
中古パソコン再生工場内部-2
中古パソコン再生工場内部-3
中古パソコン再生工場内部-4
中古パソコン再生工場内部-5
GAOによる薬の広告規制に関するレポート
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
元ケニヤ大統領の息子を装って送られてきた詐欺メール
Net Imperativeが2004年7月に公開したE-tail Report
Pew Internet & American Lifeのサーチ・エンジン2005年11月レポート
2005年12月1日に公開された米国の2005年年末商戦の傾向
BurstMediaが公開した仕事中の個人オンライン買い物使用レポート