B to C

Business to Consumer>>B2C

消費者向けの店舗

電子商取引などで、サイバーショップとユーザーのコミュニケーションの俗称。電子小売りということで、e-Retailという表現を使うことも多い。ドット・コム・バブルが弾け、B2Cは死んだと噂される米国で、Amazon.comが究極のB2Cとして、オンライン・コンビニンス・スーパー百貨店に乗り出した。Amazon.comは2001年12月27日に、11月9日から12月21日までに販売された商品の数をカウントしたところ、ハリー・ポッター(Harry Potter)の本だけで450,000冊、DVDが150,000枚、総計で3,790万点の商品を販売したと発表した。詳細情報はURL(http://www.iredge.com/iredge/iredge.asp?c=002239&f=2005&fn=Post_Holiday2001__814.htm)で知ることができる。
Yahoo!も2001年12月26日に、11月23日の感謝祭から12月24日のクリスマスまでに商品売上が前年比で86%増を記録したと報告した。詳細情報はURL(http://docs.yahoo.com/docs/pr/release900.html)で知ることができる。
Napsterと、大手レーベル会社などとの和解交渉は決裂したが、Marilyn Hall Patel判事は2002年2月21日に原告の大手レコード・レーベルに対して、反トラスト法の観点から、オンライン音楽事業関連で著作権の濫用がなかったか綿密な調査を行うよう命じた。岐阜県と岐阜県内のコンビニエンスストアは2002年3月から、県立図書館所蔵本の貸し出し、返却がコンビニでできるサービスの実験を開始した。経済産業省は2002年3月29日に、「電子商取引等に関する準則」を公開し、2002年3月5日〜19日まで実施したパブリックコメントの募集の結果を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002540/)で知ることができる。公正取引委員会は2002年3月28日に、「消費者向け電子商取引における表示についての景品表示法上の問題点と留意事項」(原案)をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.jftc.go.jp/pressrelease/02.march/020328.pdf)で知ることができる。
Amazon.comは2002年12月26日に、2002年の年末商戦である11月1日から12月23日までに世界で注文を受け付けた商品数が5600万品目を超え、過去最高を記録したと発表した。 詳細情報はURL(http://www.corporate-ir.net/ireye/ir_site.zhtml?ticker=AMZN&script=410&layout=8&item_id=366500)で知ることができる。
公正取引委員会は2003年6月25日に、利用者の誤認を招く恐れのあるインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)の広告の実態調査をまとめ、「インターネット接続サービスの取引に係る広告表示の実態調査及び「消費者向け電子商取引における表示についての景品表示法上の問題点と留意事項」の一部改定(原案)の公表について」を報告した。詳細情報はURL(http://www.jftc.go.jp/pressrelease/03.june/03062501.pdf)で知ることができる。
米国のAmazon.comは販促用に米国大統領選を利用していると、ロイターのReed Stevensonが2004年1月24日に「Amazon.com's Latest Product Category: Politicians」を発表した。このページでは、クレジットカードを利用して米国大統領候補へUS$5〜200の献金を受け付けていることから、世界中のユーザーが米国大統領候補を買うことができると話題になった。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=internetNews&storyID=4199878)または、URL(http://www.amazon.com/gp/misc/flag.html/ref=gw_pres_cand/102-6965985-1561743)で知ることができる。
経済産業省産業構造審議会情報経済分科会ルール整備小委員会は2004年6月8日に、「電子商取引等に関する準則(改訂案)」に関するパブリックコメント募集の結果と、それに対する回答を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/feedback/data/i40608aj.html)で知ることができる。経済産業省は2005年6月28日に、2004年度における電子商取引の市場規模及びその実態を、B2B(企業対企業)、B2C(企業対消費者)、C2C(消費者対消費者)毎に把握した「平成16年度電子商取引に関する実態・市場規模調査」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050628001/20050628001.html)で知ることができる。
Pew Internet & American Life Projectは2008年2月13日に、レポート「Report: Online Activities & Pursuits」を公開し、ほとんどのオンライン米国人は、オンライン・ショッピングが製品を買う便利な方法で、時間を節約すると答えたと報告している。
同時に、オンライン・ショッピングで個人のクレジットカード情報をインターネット上で送って、ほとんどのインターネット・ユーザーが不快を述べている。
やっぱり、オンラインでの危険性をいつもどこかに感じているのでしょう。
オンライン・ショッピングで、便利とバーゲン・ハンティングは、より若い米国人を誘う傾向があり、すべての大人達がセキュリティに関する心配と他の欠点を共有していたことが、新しい調査研究によってわかったと報告している。
30歳以下のWebユーザーの62%は、インターネットが良い商品を見つけるために最もよくいくと答え、そう考えた65歳のユーザーは、32%だけであった。レポートはURL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_Online%20Shopping.pdf)、レポートのための質問内容はURL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_Online.Shopping.Topline.pdf)にある。
IHT(International Herald Tribune)は2008年10月7日に、より多くのヨーロッパ人がオンラインで国境を越えて買い物をすることに拍車をかけるための努力として、 2008年10月7日水曜日に新しい法で27加盟国の団体に対して、消費者の権利を保証する計画で促進すると報告した。
インターネット詐欺が横行し、個人情報の盗難も減れ無いことから、非常に重要なことで、これまで検討されて来なかったこと自体が不思議で、行政機関の手抜きと考えていた。
提案中の立法は、小売業者が販売の前に製品情報を利用可能にして、最大30日以内に荷渡しを保証し、購入者が気が変わることが法定の14日できる「クーリングオフ」の期間を許すことを強制することになる。
また、商品が到着しない場合は、消費者が7日以内に全額払戻しの権利を与えられる。
そして、会社はそれらが広告に掲載されたものと異なった製品を供給できるいくつかの回避策の使用を禁止される。
EC(European Commission/欧州委員会)によると、およそ1億5000万人のヨーロッパ人が買い物をするのにインターネットを使用するが、自国の外で購買をする5つの試みのうちの1つになる。
言葉の問題と税金問題は越境買い物での実験を多く妨げているが、他の消費者は、購買が完全な状態で到着しないかどうか、いつ届けるか、そして、注文の製品を届けるかどうかについて、に救済を求める方について心配している。
現在のところ、4つの別々のEU指令が消費者の権利を覆って、あるものは、インターネット通販を2年間前にまでさかのぼって、権利を与えることにしている。
2008年10月7日水曜日にヨーロッパ消費者問題コミッショナーのマグレガー・クネバ(Meglena Kuneva)によって進められた提案は、より多くの再保証をオンライン顧客に提供するために法的枠組みを合理化しようとすることであった。詳細情報はURL(http://www.iht.com/articles/2008/10/07/technology/esales.php?WT.mc_id=newsalert)で知ることができる。
最近は、多くのオンライン・ショップが輸送量無料を打ち出していることから、この点でも問題になりそうです。
MarketingChartsは2008年10月1日に、MarkMonitorによる不法なオンライン薬局レポート「Summer 2008 Brandjacking Index」を紹介し、rug Brandjackersは、検索でサイバースクワッティングを常時高く費やし、数百万を稼ぎ出していると報告した。
ンラインbrandjackersはますます上位の調剤のブランドを乱用し、不法なオンライン薬局と交換サイトで購入の疑わしい処方薬で危険な取引を求める消費者を集めている。
産業における30の主なブランドを追跡したIndexは、偽、期限切れ、またはグレーの市場のドラッグ・オンライン販売で、疑わしいサイトへのトラフィックが3倍になって、マーケティング戦術がますます攻撃的になるのに応じて成長し続けていることが判った。
サイバースクワッティングでは、記入者が主なブランドの権利を全く持っていないブランドを含むドメイン・ネームの登録し、スローガンまたは商標が38%上がって、2008年の夏に史上最高を記録したと報告している。
恐ろしい!米国麻薬のオンライン無法地帯が拡大している。
米国には、無能な捜査官が多すぎるのでしょう。
完全に米国は病んでいる。
甘えの構造が、完全に表面化した。
もう、自力ではい上がってこなければ助けようがないのかもしれない。詳細情報はURL()で知ることができる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11166)で知ることができる。
毎日送られてくる膨大な偽バイアグラ売り込みスパム!詳細情報はURL(http://kottke.org/plus/misc/viagra.html)で知ることができる。
これらをどうにかする必要があるにもかかわらず、米国は放置している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11244)で知ることができる。


the Yankee Groupの1999〜2004年におけるB to B予測
巨大企業のB to B取引の推移(20001月〜3月)
B to Cの女性による評価(1999〜2000)
オンライン購入ユーザーの感覚
1999年第4期と2000年第1期のB to C比較
オンライン購入ユーザーの行動と反応
オンライン購入ユーザーの将来に対する期待
B to Cユーザーのプライバシー関連情報の購読率
B to Cユーザーが心配する個人情報流出
オンライン・クーポンのカテゴリー別利用頻度
2000年2月から4月にオンライン・ショップを利用した人の回数比較
2000年2月から4月にオンライン・ショップを利用した人の分類
米国の1999年3/4と2000年1/4のオンライン小売り比較
2000年の調査によるB2CとB2Bのプロフィット
3つのB2Bエクスチェンジ・モデル
2004年におけるB2Bマーケット獲得予測の割合比較
オンライン・ショップの利用頻度別割合
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
直接取引のB2Bとネットを利用したB2Bの将来の伸び予測
B2Cのよる米国の1999〜2004年の歳入の流れ
国際的なB2Cによる1999〜2003年の増収予測
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
世界のオンライン・ショップ利用目的の割合分布
国別オンライン・ショップ利用率ランキング
2000〜2003年のB2Bマーケット予測
B2Bにおけるオンライン・エクスチェンジの3カテゴリー
1999年のプライベート・エクスチェンジBest3
2000年のエクスチェンジ・サードパーティ・マーケット
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
2000年6/7月のオンライン小売り販売の高売り上げ分野
インターネットを活用した収入額別の割合
Intel社が考えるB2B、B2E、B2C、B2Pの関連
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
BCGの1998〜2004年のB2Bレポート
Web経由でオンライン販売とオフライン販売に比較
米国におけるB2Bベスト5の2000年と2005年の比較
オンラインの冷やかしと商人の戦い
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
e-commerceとB2Bも流れ
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
2000年年末商戦におけるイギリスのe-Retail
B2Bと医療及び健康産業の予測
日本のB2B、B2C、mCommerceの状況
米国の音楽ダウンロードから見た2000年7/8月と2001年2月のインターネット比較
米国における2000年と2001年のB2C比較
B2Bの2000年と2001年の変化
Intell GroupによるXML活用マーケット調査
the e-tailing groupによるe-Retailの調査報告
1999/Q4〜2001/Q2のB2C変動
米国における2001/Q4のB2C
米国のB2Bユーザーが利用している雑誌とWebの利用比較
北米で開発者がB2Bで利用したサービス
GAOは2001年10月31日に公開した「Brain Fingerprinting」に関する調査報告
経済産業省が2002年3月29日に公開した「電子商取引等に関する準則」
2002年3月5日〜19日まで実施したパブリックコメントの募集の結果
「消費者向け電子商取引景品表示法上の問題点と留意事項」(原案)
ipsos-reid.comが2002年6月12日に公開した音楽データ・ダウンロード調査報告
音楽データ・ダウンロード調査資料-1
音楽データ・ダウンロード調査資料-2
米国の国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
公正取引委員会がまとめたISPの広告の実態調査
Amazon.comの大統領候補が購入できるページ
大統領候補が購入できるようにしたAmazon.comの理由
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
2004年6月3日に公開した「電子商取引等に関する準則」報告
「電子商取引等に関する準則(改訂案)」に関するパブリックコメント募集の結果
経済産業省が2005年6月28日に公開した「平成16年度電子商取引に関する実態・市場規模調査」
レポート「Report: Online Activities & Pursuits」
レポートのために質問項目

e-Retail
BツーC型ECソリューション
NetCommerce START
電子商取引
B to B
クレジットカード決済システム
ショッピング・オン・デマンド
CALS
キュリオ・シティ
パソコン通信販売
A-Bone
First Virtual Bank
マルチメディア通販
RSA方式
ECRC
専用回線
PDA
アコシス
UCカードのECプロジェクト
MY-ELLTY
電子取引法制に関する研究会
IBMネット・コマース・システム
IBMセキュア・ペイメント・システム
SECE
Internet Electronic Commerce Exposition
First Virtual方式
Netscape LivePayment Kit
Web Marketing Solution
SecureBuy Service
OM-Transact
日立コマース・ソリューション
CommercePOINT
Merchant Server
アコシス
Business Link
EMP
NET-U
カード・コール・サービス
Infomerce Mall
ブレインバトルQ
MMCI
サイバー66
デジタル・キャッシュ
デビットカード
オンライン・サインアップ
プロトコル
富士通エレクトロニック・コマース・エンバイロメント
JapanNet
電子商取引の発展条件に関する調査研究
UC CYBERNET CARD
SET
Windows CE
Actra OrderExpert System
iCat Electronic Commerce Suite
vPOS Merchant Software
Net.Commerce
米国の電子暗号化技術国外輸出
電子の透かし
アンケートのパラドックス
ECN(Electronic Commerce Network)
ネットパス
ICカード・インターネット認証システム
Crypto card
バイオメトリックス
MilliCent
IOTP
CPS
電子取引法制の中間報告書
モバイル・アクセス・インタフェース
Actra's Cross Commerce
暗号技術
InfoProtect
オブジェクト認証
倫理研究会のガイドライン(案)の公開と意見募集
電気通信事業のガイドライン(案)
ガイドライン運用マニュアル(案)
ガイドラインに対する意見書
SMART COMMERCE NETWORK
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
スマート・コマース・ジャパン
OTE
スタアリンク
Pandesic
インターネット通販の現状と今後
電子商取引等検討部会
電子商取引等検討部会の中間とりまとめ
CMP(Certified Merchant Program)
FBI長官の不安と願望
電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会
消費者取引研究会
倒産確率算定システム
price shopping
アイルランド政府の国際貿易電子商取引
WebLine
インターネット・コマース・エキスポ
EPOC32
インターネット自動コールバックシステム
P-Click
インターネットマーク
プライスサーチエンジン
電子商取引環境整備の論点-1
コンビニ収納代行システム
店舗分散型InternetCommerce実験
WebMoney
テレコムサービス協会
テレコムサービス協会が公開したガイドライン
BAPI
中古パソコン寄付を促進する新法
Multiple Acquiring
仮想コミュニティ
情報供養
スーパーキャッシュ
情報操作
コンピュータ・インターネット関連の調査会社
IAA
TradeFront
NSAFER
ECOMの電子商取引向けICカード利用ガイドライン
ANA遊遊ナビ
VerSecure
でんわなび
Handy-Karte
電子公証システムガイドライン
shopIBM
NetCommerce START
NetCommerce START
D-Jet
Dreamcast
OBI
RC5-64クラッキング
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
セキュリティ・フォント
Open Platform Users Group
VISA Open Platform
50ドル・ルール
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
CPTWG
Macintoshエミュレータ
Windowsエミュレータ
エミュレータ
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
スクラッチカードタイプの決済システム
インターネット関連の調査結果のURL(海外)
インターネット関連の調査結果のURL(国内)
バーチャル・ディスカウントストア
Java Card
オンライン・ショップの悩み
ANSER-WEB
音楽配信元年
音楽配信
音楽配信-2001年
音楽配信-2002年
音楽配信-2003年
音楽配信-2004年前半
音楽配信-2004年後半
音楽配信-2005年
音楽配信-2006年
音楽配信-2007年
紙ジャケCD
Webインフラ・プロバイダ
Na@h!
ODS(Operating Dat Store)
シリコン・オーディオ
GEML(Gene Expression Markup Language)
SymfoWARE Server Enterprise Extended Edition
アグリゲーション技術
CES
オンライン・コンビニンス・スーパー百貨店
顔面認識
m-commerce
Duet
音楽配信に関するJerome H. MolのOpen Letter
MOCA(Music Online Competition Act)
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
Net Debut
中古パソコンを生き返らせる工場
組織培養と芸術
combien?
PAS(Personal Authentications System)
携帯電話清算システム
Mobile Payment Forum
tepore Payment
Smart Pit
誤解を招く、単語の並べ方
FISA
CPN(Controlled Payment Number)
GRid(Global Released identifier)
デジタル・データ・ダウンロードの日
DoCommerce
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
コンバージョン・レート
Pay-as-you-go
公正取引委員会
Amazon Upgrade
Amazon Pages
暗号の2010年問題