CANフォーラム

CAN Forum>>Community Area Network Forum


これまでの日本の社会が大都会の幹線から支線が引かれ、地方に到達していた「上から下への流れ」で全体が構築されてきた。そこで、「下から情報革命を実行する流れ」を構築するために、公文俊平(Shunpei Kumon)GLOCOM(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター)所長を会長に、橋本大二郎(Daijiro Hashimoto)高知県知事、平松守彦(Morihiko Hiramatsu)大分県知事、インターネット関連業界からはソネット(So-Net)、NEC総研、日本電算機などの関係者などが発起人になって1997年6月11日に発足したフォーラムの名称。オブザーバーとして郵政、建設、自治、通産各省の課長らも加わっている。活動の基本方針と具体的なスケジュールは9月に開催される第1回総会で決定される。詳細情報はURL(http://www.can.or.jp)で知ることができる。また、国土庁は交流に取り組む全国の市町村等を紹介する「交流のホームページ」というホームページを公開していた。