Cayley


ラスベガスで2004年1月8日から開催した「2004 International CES(Consumer Electronics Show)」で、米国のIntel社がLCOS(Liquid Crystal on Silicon)を採用して発表したプロジェクションテレビや35インチ以上のディスプレイ用に画像を生成するテレビ用のチップの名称。詳細情報はURL(http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20040108corp_a.htm)で知ることができる。
NHKと日本ビクターは2008年5月16日に、輝度信号用に、「LCOS(Liquid crystal on silicon)」と呼ぶ、3300万画素のスーパー・ハイビジョンをフル解像度で表示可能な反射型液晶デバイスを採用し、3300万画素数のスーパー・ハイビジョン液晶プロジェクターを共同開発したと発表した。