CoBIT(Compact Battery-less Information Terminal)


独立行政法人産業技術総合研究所の研究ユニットである「サイバーアシスト研究センター」が開発した、ワイアレスなイヤホンのようなモノを耳に当て、ソーラーバッテリーと、電波から供給される電気だけで動作する鉱石ラジオでの電波の役割を光が担う事で電源不要=音声受信という2大機能を実現し、情報が欲しいときに顔を向けるだけで個別な情報を、望む人にだけ届けることができる個人識別型ノンバッテリー情報提供システムの名称。例えば、静かな美術館にあって、1枚1枚の絵画の説明を、望む人にだけ静かに情報が提供できるようになる。さらに、基本的には「イヤホン」「太陽電池」「販写シート」というシンプルな構成のため、量産によりイヤホン部分は100円以下という低価格で実現できる情報提供ツールとして注目されている。またすでに導入している事例としてはAfter5yearrs(2002.10.4fri - 10.30wed、新丸の内ビル)のURL(http://www.so-net.ne.jp/af5/)または、ドラえもんがテーマのアートプロジェクト(2002.7.13sat - 9.23mon、サントリーミュージアム)のURL(http://www.suntory.co.jp/culture/smt/index1.html)で知ることができる。独立行政法人産業技術総合研究所とモバイルソリューションを手掛けるユーアイディーは2002年10月16日に、「CoB」の販売・マーケティングの分野で協業し、「ユビキタス社会の実現」という理想に向けて、官民一体となったプロジェクトとしてスタートしたことを発表した。詳細情報はURL(http://uid.co.jp/index.html)で知ることができる。NTTは光ファイバーを活用したブロードバンドでインタラクティブにユビキタスなネットワークで結ばれる「レゾナント・コミュニケーション(resonante communication)」の世界を想定した、 ブロードバンド時代の新ビジョンを策定し、2002年11月25日に発表した。詳細情報はURL(http://www.ntt.co.jp/news/news02/0211/021125.html)で知ることができる。