COPA

Child Online Protect Act

児童オンライン保護法案>>青少年オンライン保護法

インターネットにアクセスする子供たちが有害な情報に接しないことを目的に、共和党のMike Oxley議員らによって1998年4月30日に米国議会へ提出された、っそれらに情報を営利目的で未成年に閲覧させた者にの罰金と懲役を科すが含まれた児童オンライン保護法案です。

>> さらに詳細な情報はこちら


CIPA(Children's Internet Protection Act)
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
NCLのプライバシー問題報告
米国における8〜12歳の子供とインターネット
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
2000年年末商戦におけるイギリスのe-Retail
2000年末の米国少年少女インターネット利用状況
the e-tailing groupによるe-Retailの調査報告
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
Double Clickが報告したeAdsの動向
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
LemobdAdが公開したイギリスのeAdsの動向
ヨーロッパにおける2001年前半年のeAD状況
e-Learningとして利用されているツールや状況
ACLUによるCIPAトライアル報告書
米国の博物館と図書館レポート2002
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
2002年8月30日に改正されたElectronic Freedom of Information Act
Combating Child Pornography GAO-03-272
健康関連情報のエラー・リリース
健康関連情報のエラー・チャート
健康関連情報のエラー・トップライン
Pornography-Blocking Software Block Access to Health Information
GAOが2003年3月31日に公開したHHSと子供の保護レポート
ディスプレイ・ホールに展示されている「自由の鐘(Liberty Bell)」
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-1
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-2
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-3
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-4
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-5
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-6
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-7
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-8
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-9
米国最高裁判所が下した判決
ALAが2003年6月23日に崩壊した非難文書
37周年を迎えたFreedom of Information Actレポート
GAOが2003年8月13日に公開した子供のための情報システム構築レポート
GAOが2003年9月9日に公開した、P2Pを利用した児童ポルノの実験報告書
2003年10月9日に「自由の鐘」が移動すると報告したサイト
Australian ITが2003年10月15日に報道したレポート
Cornelia M. Ashbyが実証実験した結果報告
GAOが2003年9月9日に公開した実験報告書に対するLinda D. Koontzの質問状
GAOが2004年5月7日に公開したP2Pネットワークと児童ポルノグラフィに関する報告書
米国の高等教育に関するNEA 2004 Almanac 2002-2003 Faculty Salary Report
GAOが2004年9月27日に公開した子供を平等に支援する法的な背後ある状況レポート
GAOが2004年10月1日に公開した、子供の保護と教育に関する実態と改善に関するレポート
子供の虐待と戦ってきているRainbow Phoneの実態調査モニタリング・レポート
米国のGAOは2005年11月21日に公開した、教育情報へのアクセス改善と先生資格取得要求実行支援のレポート
CDTが2006年3月23日に公開した手紙
Child Pornography:Model Legislation & Global Review 2006のリリースとレポート
ICANNが2006年5月4日に公開したICMからの「.xxx」申請報告
ICANNが2006年5月10日に公開した「.xxx」の否決報告
GAOが2006年7月26日に、教育支援に関する学生の進歩を測定レポート
米国のフィラデルフィア方裁判所判Lowell Reedが下した判決
CDTが連邦控訴裁判所に提出した訴状

子供が使うと楽しいページ
CIPA(Children's Internet Protection Act)
Children's Online Privacy Protection Act of 1998
児童ポルノ処罰法案
家族で博物館を訪ね、一緒に勉強するためのガイド
Geocities and the FTC settle on privacy
ホワイトハウスの教育関連の政策
米国のネットワーク関係・プライバシー関係の法案
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
子供向け広告主の自主規制ガイドライン
インターネット上の情報流通について
Internet School Filtering Act反対声明
GEC/Market Access Issues
GEC/Legal Issues
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
APECの情報規制に反対するCCPJ
1998年6月4日にFTCが公開したプライバシーの報告書
JIS Q 15001
FTCの子供プライバシー保護法案リリース
インターネット広告
インターネット広告/2004年
インターネット広告関連URL
Web広告研究会
インターネット広告推進協議会
EFF
CAFE(the Consortium for Audio Free Expression)
デジタルミー
インセンティヴ還元型広告システム
World Summit on Media for Children
民主党の提案した「子ども有害情報」
e-learning
eAds
メディア規制3法案
.kids.us
アクセス権
ACLU(American Civil Liberties Union)
アドワーズ広告
エモーショナル・マーケティング
FTCのセキュリティ情報
アカウンタビリティ
CAPA(Child Abduction Prevention Act)
バーチャル児童ポルノを禁じる修正法案
PPCSE(Pay Per Click Search Engine)
FOIA
P4 Act
オンライン・コンテンツ
Operation Peer Pressure
CAMRA(the Children and Media Research Advancement) Act
CTA(The Children's Television Act of 1990)
インターネット・ポルノ合法化ドメイン
XXX
どの情報が子供にとって、アダルト過ぎるのか?
Visual Google
ネット価格基本方程式