CRT

Cathode Ray Tube

シー・アール・ティ/ブラウン管/陰極線管

電子銃から放った電子ビームを蛍光塗料を塗ったガラス面(蛍光面)にあて映像を表示する真空管の総称。CRT直視型ディスプレイは蛍光面に表示される映像を直接見るディスプレイで、もっとも普及しているディスプレイ装置である。CRT投写型ディスプレイは、RGB用の3つのCRTからの映像をレンズで拡大し、スクリーンに重ね合わせて表示するディスプレイ装置である。直視型より大型の画像を表示することができる。また、CG用のCRTとして、ラスタ・スキャンCRT、ベクタ・スキャンCRT、ストレージ型CRTがある。日立製作所が、シンガポール(2000年度ブラウン管生産数量/約250万本)、マレーシア(2000年度ブラウン管生産数量/約120万本/電子銃約400万本)、千葉の佐倉(2000年度ブラウン管生産数量/約130万本)の工場で作っていたパソコン・モニタ用ブラウン管事業から撤退しましたことを2001年7月21日に発表した。これはパソコンのモニタが液晶時代に置き換わったということを証明した現象といえる。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2001/0726b/index.html)で知ることができる。