Computer Wonder Women

コンピュータ・ワンダー・ウーメン

ワンダー・ウーマン(Wonder Woman)といえば、1933年にJerry Siegelが脚本を書き、Joe Shusterが絵を描くコミックとして「スーパーマン」登場し、1978年には「the Man of Steel」として「スーパーマン」が映画化されたが、すでに「Wonder Woman」も1941年にDC ComicsでWilliam Moulton Marstonと彼の妻がElizabeth (Sadie) Holloway Marstonがギリシャ神話アマゾネスの王女Dianaをテーマにして奇跡のような女性として登場しているが、デジタル時代にも世界中で活躍するワンダー・ウーマンが登場するようになり、Educational CyberPlayGroundが、彼女らを総称する言葉として選び、紹介しているコンテンツの名称。詳細情報はURL(http://theages.superman.ws/History/Version0.php)または、URL(http://g.courtial.free.fr/supsto.htm)で知ることができる。Educational CyberPlayGroundの「Computer Wonder Women」についてはURL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/cwomen.html)または、URL(http://www.edu-cyberpg.com/Teachers/womenspecialedition.html)または、URL(http://www.nytimes.com/2006/02/22/education/22harvard.html)または、URL(http://hbswk.hbs.edu/item.jhtml?id=5207&t=strategy&iss=y)で知ることができる。