cyber pollution

サイバー公害

W3Cがシンプルに規定していたインターネットの環境に対し、便利になるといううたい文句で、金に目がくらんだ各メーカーがデファクト・スタンダードを求めて、どんどん独自のプラグインを提供し、突然アニメーションが動き出したり、音楽が鳴り出したりと、騒々しくなっていることから登場した言葉です。

>> さらに詳細な情報はこちら