DARPAのIAOによる国民データベース計画

massive database of information on Americans


米軍のDARPA(防衛高等研究計画局)に所属するIAO、テロリストが行動を起こす前に、一定の方法でテロの兆候を見つけ、対策を講じることができるかどうかを決めるため、膨大な量のデータを検索してテロ活動を暗示する動きを特定することが可能かどうかを探ることを目的に開発している総合的情報認知システムTIA Systemで、米国国民の情報を「eDNA」としてデータベース化する計画です。

>> さらに詳細な情報はこちら


DARPAのIAOによる計画立案書
TIA Systemのパンフレット
TIA Systemの全体像
Babylon(多言語認知システム)
Bio-Surveillance(生物兵器認知システム)
Communicator(コミュニケーション・システム)
EARS(Effective, Affordable, Reusable Speech-to-Text)(会話のテキスト化システム)
EELD(Evidence Extraction and Link Discovery)(証拠抽出と関連の発見システム)
FutureMap(Markets Applied to Prediction))(未来市場予測システム)
Genisys(Bio-SurveillanceのFY02)として導入されることになった巨大リソース検索システム)
Genoa(情報技術の一環として、国家レベルでのインテリジェンス・コミュニティのテーマ別検索システム)
Genoa II(Bio-SurveillanceのFY02として導入されることになった、ターゲット絞り込みシステム)
Human ID at a Distance (HumanID)(人の認証システム)
TIDES(Translingual Information Detection, Extraction and Summarization)(言語翻訳システム)
WAE(Wargaming the Asymmetric Environment)
外務省が2002年11月20日に公開した「生物兵器禁止条約(BWC)強化のための作業計画に関する合意(概要と評価)」
2002年に国土安全保障関連のITに費やした予算
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
GAOが2003年7月15日に公開した、国境安全管理について実験した結果
Richard J. Hillmanが実施した個人情報追跡実験結果報告
GAOが2003年8月13日に公開した、未来の戦闘システムとして計画構築案
NHTCUが公開した「NOP Survey 2005 - The Impact of Hi-Tech Crime on UK Business」