DLL(Dynamic Linking Library)


ある特定の機能を持たせた実行可能なルーチンを拡張子(.dll)で保存しておき、プログラムでその機能を呼び出せるようにするOSのライブラリー機能です。

>> さらに詳細な情報はこちら