DMD

Digital Micromirror Display>>Digital Micromirror Device

デジタル・マイクロミラー・ディスプレイ>>デジタル・マイクロミラー・デバイス

ソニーと半導体大手メーカーのテキサス・インスルメント(TI/Texas Instruments Inc.)社が共同で開発することになったブラウン管や液晶表示装置(LCD)に代わる画像表示装置の名称。DMDは光を制御する半導体を使った投射型の表示装置で、高精細な画像表示を実現すると同時に、省電力化、小型化が実現できる。約2cm角のチップに約40万個の鏡の機能を持つTI社が開発したミラー・デバイスを使い、光源から発射される光を制御し、画像を投射する。LCDの投射型表示装置に比べ、光の利用率が約3倍も高く、周囲を暗くしなくても大型画面で高精細な画像が表示でき、マルチメディア時代に向けた新たな表示装置として注目されている。日立製作所が、シンガポール(2000年度ブラウン管生産数量/約250万本)、マレーシア(2000年度ブラウン管生産数量/約120万本/電子銃約400万本)、千葉の佐倉(2000年度ブラウン管生産数量/約130万本)の工場で作っていたパソコン・モニタ用ブラウン管事業から撤退しましたことを2001年7月21日に発表した。これはパソコンのモニタが液晶時代に置き換わったということを証明した現象といえる。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2001/0726b/index.html)で知ることができる。