ECJ

Event Centric for Java


東芝の研究開発センターS&S研究所が1997年10月にプロセス制御や金融/証券のディーリング・システムなどのようにデータの時間変化を常時監視し、通知する分散アプリケーションなどへの適用を意図して開発した、イベント駆動型の高速メッセージング機能を提供するJavaのフレームワークです。

>> さらに詳細な情報はこちら