ETCS

Electric Throttle Control System/Drive by wire

ドライブ・バイ・ワイヤー>>電子制御スロットル

自動車のアクセル・ペダルを踏むことで開くスロットル・バルブをワイヤーなど機械的な結合ではなく、コンピュータでスロットル・バルブの開閉をコントロールするシステムの総称。そのため、アクセル・ペダルはスロットル・バルブの開閉命令を直接ワイヤで接続しないで、MCUに信号で伝えるシステムになっている。MCUは絶えずエンジンの吸貴あるやその他の情報をモニタリングして、スロットル開閉を制御することにより、社会的影響も出始めている二酸化炭素による温室効果などの防止に役立つように空気の量を最適にコントロールすることができる。米国のモトローラ(Motorola)社では、ETCSの他にもSmartMOS技術によるハイブリッド・モーター・ドライバー、マニホールド用吸気圧センサーなども開発している。米国のMotorola社は2006年4月3日に、社名の由来となった車載エレクトロニクスのコントロール、センサ、車内エレクトロニクス、テレマティックス事業をドイツの自動車部品メーカーContinental社に約US$10億で売却する契約を交わしたと発表した。詳細情報はURL(http://www.motorola.com/mediacenter/news/detail/0,,6606_6567_23,00.html)で知ることができる。
cellular-newsは2008年11月13日に、ABI Researchからの情報としてM2M (machine-to-machine)コミュニケーションが拡大し、市場での継続的な強い成長が2013年には9,500万増加すると予測したと報告した。
ABI Researchは拡大要因として3つのセグメントを指摘している。
それは、テレマティックス(telematics)、テレメトリー(telemetry)、およびワイヤレス・ローカル・ループ(wireless local loop)をあげ、テレマティックス(telematics)で3900万、テレメトリー(telemetry)で3400万と予測している。
先任アナリストのサム・ルセロ(Sam Lucero)によると「およそ2011年まで、制御アプリケーションを含む広範囲なアプリケーションを包含するスマート計量、POSターミナル、リモート・モニターなどのテレメトリー(telemetry)セグメントの主要な市場で、成長します。」と分析している。
そして、「2011年以降は、テレマティックス(telematics)アプリケーションにおけるスパイクを予想します。」と続けている。
「これらは、現在すでに存在しますが、2011年からは本格的な「OnStar」に向けて北米でのセル接続、ヨーロッパのeCallイニシアチブ(eCall initiative)などの命令で、はるかに強い競合反応が車で起こるでしょう。」と言っている。
実際には自動車メーカーが、OEMテレマティックス・プログラムと共にやって来る。詳細情報はURL(http://www.onstar.com/us_english/jsp/index.jsp)または、URL(http://www.esafetysupport.org/en/ecall_toolbox/faq/)で知ることができる。
「また、フリート・マネージャが燃料コストを削減して、総合的な運営効率を増加させるのにテレマティックスを使用し、ビジネス・テレマティックスは強い成長のためにセットされました。」と報告している。
平均小売価格が2010年から安定かすべきで、べてのエアー・インターフェース規格によって低価格化すると予想されている。
しかし、現在のグローバルな財政的経済の不明確で、否定的にこの市場に影響するか?という質問に対し、
「いくつかの会社が、不安定な経済には直接的な衝撃がある。」とABI Researchに言った。
「私たちの予測が必要であるかどうか評価するために、選択された産業の利害関係者について調査途中である。」とも報告している。
この分野はモトローラが強かったが、その後衰退し、多くの企業に吸い取られていった。
それと同時に、洗練されてきている。
とくにIntel社などが面白いチップを開発している。
この分野でもトヨタが強いように感じていたが、「G-BOOK」以降は発想の軟弱性が表面化している。
現在最悪の米国自動車産業が再生するには、この分野しかないことだろう。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/34630.php?source=newsletter)で知ることができる。