Excite PAL

PAL

エキサイト・パル

エキサイトのホームページで無料で提供されている専用ソフトを利用することにより、リアルタイムに文字ベースのコミュニケーションができるパーソナル・チャット・ツールの名称。1998年7月17日からWindows 95とWindows NT対応のβ版のサービスが開始され、1998年7月27日から正式にサービスが開始された。詳細情報はURL(http://www.excite.co.jp/)で知ることができる。またYahoo! JAPANもWindows 95/NT版のメッセージ受送信ソフト「Yahoo! ページャー」を1998年7月に発表した。Excite@Home社は2001年9月28日に米国連邦破産法11条(チャプターイレブン/Chapter 11 of the U.S. Bankruptcy Code)の適用を申請し、現金$3億700万でAT&Tに売却された。Excite@Home社はその後、AT&Tへの資産売却契約を破棄し、同時に Excite@Home社は Comcast Cable Communications社、Cox Communications社、Rogers Cable社、Insight Communications Company, L.P社、Insight Communications Midwest社、LLC and Insight Kentucky Partners II, L.P.社、Mediacom LLC and Mediacom Broadband LLC社、 Mid Continent Communications社によって Excite@Home社のサービスを継続して提供する契約を結び、Excite@Home社は2002年2月28日で活動を停止することになった。この契約によってケーブル会社は Excite@Home社にたいして$3億5500万を支払うことになった。ただし、日本法人のエキサイトは2001年9月29日に継続してサービスを提供することを発表している。