eラーニング

e-learning


インターネットやイントラネットを使った教育システムの名称。最近のように商品情報が頻繁に変化されるようになると、最新情報を知らないまま営業をして失敗するというこが多くなっていることから、インターネットを使った社員教育が多くなっている。また、教育や知識の程度も千差万別で、一人一人に合った教育が求められ利用になり、教育を受ける側が自身のランクを自分で選択して教育を受けることも可能になる。米国のIBMは2002年11月5日に、米国航空最大手のアメリカン航空(Amerivan Airlines)の世界に駐在しているフライトアテンダント(flight attendants/航空乗務員)全24,000人を対象に、IBMのeラーニング・プラットフォーム「IBM Lotus LearningSpace)」を使ってオンラインで安全研修を実施すると発表した。フライトアテンダントは、世界のどこからでも共通のウェブサイトにログインし、1レッスンあたり4 7分間という少ない負担で研修を受けられるようになる。また、「IBM Lotus LearningSpace)」の学習管理機能を生かして、アメリカン航空が学習活動全体の状況を常に把握できるように、オン・デマンド方式の集中管理型データベースが構築されている。詳細情報はURL(http://www.ibm.com/news/jp/2002/11/11113.html)または、URL(http://www-916.ibm.com/press/prnews.nsf/jan/D724531D03BC3F3385256C680070B98E)で知ることができる。日本アイ・ビー・エムは2002年11月12日に、主に中堅、小規模企業や、会社員、学生などの個人のお客様を対象に、e-ラーニング講座およびメディア教材を紹介、販売する「e-ラーニング・ポータル・サイト」を開設したと発表した。詳細情報はURL(http://www-6.ibm.com/jp/domino05/ewm/NewsDB.nsf/2002/11121)で知ることができる。また、「e-ラーニング・ポータル・サイト」はURL(http://www.ibm.com/jp/pc/e-learning/)にある。米国のPIP(Pew Internet & American Life)がベビーブームとインターネットの関係を調査し、2002年11月14日に公開した。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/releases/release.asp?id=53)で知ることができる。日立製作所情報・通信グループでは日立e-ラーニングソリューションとして「LearningGate」を提供している。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/el)で知ることができる。NECも2003年1月29日に、1コース1,000円からサービスを受けられ、「Hyper-College(ハイパーカレッジ)」として、「IT資格対策」「ITスキル」「ビジネススキル」「 語学」「診断・テスト」の分野で講座・教材数は約100種ある個人向けeラーニング・サービスを開始したと発表した。詳細情報はURL(http://www.nec.co.jp/press/ja/0301/2902.html)または、URL(http://hyper-college.cplaza.ne.jp/)で知ることができる。文部科学省メディア教育開発センターは2003年2月21日に、東京大学情報学環のe-learningサイト「iii online」で1年間運用されてきたeラーニング・システムのソースコード「exCampus」をLinux上で稼働するように書き直して、2003年4月1日に無償公開すると発表した。詳細情報はURL(http://www.excampus.org/)で知ることができる。先進学習基盤協議会(ALIC/Advanced Learning Infrastructure Consortium)は2003年7月25日に、eラーニングの市場動向をまとめ、2003年の市場規模は1699.6億円と推計し、さらに2010年には6483.5億円に達すると試算した「eラーニング白書 2003/2004年版」を編纂し、オーム社より発行した。詳細情報はURL(http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-274-06528-6)で知ることができる。日本ユニシスは2003年7月29日に、インターネットの普及に伴い、WBT(Web Based Training)、VOD(Video On Demand)を利用した自己学習やテレビ会議システムを利用した遠隔授業など、多方面でeラーニングが適用されるようになりた、社会環境の変化が激しい中、これからの知識社会を担う人材育成は早急な課題であることから、政府の重点施策に取り上げられている次世代eラーニング統合ソリューションとして、「RENANDI(レナンディ)」の提供を開始すると発表した。アドビシステムズは2003年8月1日に、「Adobe Acrobat 6.0 日本語版」の機能や操作方法を学ぶことができる「Adobe Acrobat 6.0 e-Learning」を無料で公開した。詳細情報はURL(http://www.acrobat-learning.com/)で知ることができる。経済産業省商務情報政策局情報処理振興課は国内及びアジアを中心とした海外においてeラーニングシステムを、利用者にとって使い易くまた低コストで効果的に利活用可能とするために必要なソフトウェア開発、実証実験を実施する事業者を募集し、平成15年10月1日(水)から平成15年10月15日(水)までの公募期間に7つのテーマについて併せて13件の応募があり、そのうち採択された事業者として2003年11月7日に、「情報化人材育成プラットフォーム(情報技術活用学習基盤システム開発)」事業及び「情報経済基盤整備(アジアeラーニングの推進)」事業に係る各種公募の結果についてを公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/information/data/c31106aj.html)で知ることができる。NTT-Xと三菱総合研究所は2003年11月28日に、2003年11月7日から11月10日にかけて「gooリサーチ」で行った「ビジネスにおけるeラーニングの利用に関する調査」の調査結果を発表した。詳細情報はURL(http://research.goo.ne.jp/Result/0311cl07/01.html)または、2002年12月の調査結果のURL(http://research.goo.ne.jp/Result/0212cl19/01.html)で知ることができる。情報化・知識社会化の進展とともに市場ニーズは細分化・個別化してきており、顧客や取引先のニーズを的確に踏まえたサービスを提供できる人材の重要性は非常に高まっていることから、こうした人材にとって最も重要な能力の一つである「交渉力」に着目し、交渉を通じて相手方のニーズを的確に把握し、彼我双方にとってより満足度の高いビジネスを展開できる「ビジネス交渉人材」育成プログラムを開発し、その報告書がとりまとめ、経済産業省は2004年3月10日に、「創業・起業促進型人材育成システム開発等事業-ビジネス交渉人材育成事業(高度営業・マーケティング人材育成事業)-」を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/report/data/jinzai_ikusei2004_05.html)で知ることができる。また同時に経済産業省は、経済の活性化・競争力強化の観点から、本年度高度専門人材を育成するための各事業に取り組みとして、創業・起業促進型人材育成システム開発等事業を2003年5月に実施した平成15年度人材ニーズ調査及び今年度取り組んできた高度専門人材育成各事業について、事業概要として「人材ニーズ調査」「技術経営(MOT)人材育成事業」「事業再生人材育成事業」「プロジェクト・プログラムマネジメント人材育成プログラム開発事業」「ビジネス交渉人材育成(高度営業・マーケティング人材育成)事業」「事業リスク評価・管理人材育成事業」「地域金融人材育成システム開発事業」「高度IT創業人材育成システム開発事業」「バイオ人材育成システム開発事業」「大型閉鎖店舗再生等対策の総合プロデュース人材育成事業」「ベンチャーキャピタリスト人材能力開発プログラム開発・実証事業」「ファッション産業人材育成事業」「コンテンツ産業人材(クリエイター・上映事業者)育成支援事業」「能力開発・就職促進基盤構築事業」の2003年度最終成果を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/topic/data/jinzai_ikusei2004.html)で知ることができる。経済産業省は2004年4月8日に、「創業・起業促進型人材育成システム開発等事業人材ニーズ調査」と「創業・起業促進型人材育成システム開発等事業 コンテンツ産業人材(クリエイター・上映事業者)育成支援事業」に関する調査結果を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/report/data/jinzai_ikusei2004_01.html)または、URL(http://www.meti.go.jp/report/data/jinzai_ikusei2004_13.html)で知ることができる。経済産業章は2004年10月23日に,草の根eラーニング研究会中間報告書を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/report/data/g41022aj.html)で知ることができる。IDC Japanは2005年3月2日に、国内企業向けeラーニング市場規模に関する調査結果を発表し、2004年のeラーニング市場は638億円で、2009年までの年平均成長率は16.6%と予測した。詳細情報はURL(http://www.idcjapan.co.jp/Press/RegistIndex.html)で知ることができる。また、米国のISSE(The Institute for the Study of Society and Environment/社会環境研究所)では、社会環境関連について多くの情報を公開している。詳細情報はURL(http://www.isse.ucar.edu)で知ることができる。経済産業省は2005年9月21日に、平成17年度から行っている、若者・フリーター、中小企業従業員等、仕事に役立つ学習をする機会が少ない方を対象に、eラーニングによる学習サービスの提供基盤を整備する「草の根eラーニング・システム整備事業」において、公募により選定した5つのコンソーシアム(関係事業者の協力組織)による先導的なモデル事業のサービスが開始されたと報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20050920004/20050920004.html)で知ることができる。オープンソースに無料の法的サービスを提供する団体SFLC(Software Freedom Law Center)は2006年11月に、オープンソース教育ソフトウェアプロジェクト3件を代表して、特許の再調査を申請していたが、2007年1月25日に、教育関連ソフトやツールを提供するBlackboard社の「eラーニング特許」に関し、「インターネットベースの教育サポートシステムと手法」の特許で、Blackboard社による大半の教育関連ソフトの独占を2022年まで認め、2006年7月にBlackboard社が教育ソフトウェア開発のDesire2Learn社を提訴していることから、米国特許商標局が見直しに踏み切ったと発表した。詳細情報はURL(http://www.softwarefreedom.org/news/20070125a.html)で知ることができる。


PIPが報告した、両親がいる人といない人でのインターネットの利用比較調査
eラーニングシステム採択事業者
「gooリサーチ」で行った「ビジネスにおけるeラーニングの利用に関する調査」の調査結果-1
「gooリサーチ」で行った「ビジネスにおけるeラーニングの利用に関する調査」の調査結果-2
ビジネス交渉人材育成事業全体報告書
ビジネス交渉人材育成事業交渉力テキスト
ビジネス交渉人材育成事業ケース
ビジネス交渉人材育成事業ワークシート
ビジネス交渉人材育成事業トレーナーマニュアル
ビジネス交渉人材育成事業解説資料・その他関連資料等
人材ニーズ調査結果(概要版)
第一部人材ニーズ調査全国版-1
第一部人材ニーズ調査全国版-2
第二部人材ニーズ調査ブロック版目次・調査概要
第二部人材ニーズ調査北海道ブロック
第二部人材ニーズ調査東北ブロック
第二部人材ニーズ調査北関東・甲信ブロック
第二部人材ニーズ調査南関東ブロック
第二部人材ニーズ調査北陸ブロック
第三部人材ニーズ調査東海ブロック
第三部人材ニーズ調査近畿ブロック
第三部人材ニーズ調査中国ブロック
第三部人材ニーズ調査四国ブロック
第三部人材ニーズ調査九州ブロック
第四部 人材ニーズ調査 時系列比較版
第五部 人材ニーズ調査 産業人材能力版
産業人材能力基準解説書目次・体系他
産業人材能力基準解説書人的資本管理力
産業人材能力基準解説書有形資産管理力
産業人材能力基準解説書無形資産管理力
産業人材能力基準解説書財務統括力
産業人材能力基準解説書キャッシュフロー管理力
産業人材能力基準解説書企業評価・組織化能力
産業人材能力基準解説書ビジネス開発力
産業人材能力基準解説書M&A推進力
産業人材能力基準解説書CSR(企業の社会的責任)推進力
産業人材能力基準解説書パブリックリレーション力
コンテンツ産業人材育成支援事業/クリエイター報告書第一部調査の目的、対象となる人材象
コンテンツ産業人材育成支援事業/クリエイター報告書第二部調査の結果概要
コンテンツ産業人材育成支援事業/クリエイター報告書第三部クリエイターのスキルマップ
コンテンツ産業人材育成支援事業/クリエイター報告書第四部カリキュラム
コンテンツ産業人材育成支援事業/クリエイター報告書第五部資料編
コンテンツ産業人材育成支援事業/上映事業者報告書第一部はじめに目次
コンテンツ産業人材育成支援事業/上映事業者報告書第二部実施計画
コンテンツ産業人材育成支援事業/上映事業者報告書第三部 調査結果概要
コンテンツ産業人材育成支援事業/上映事業者報告書第四部カリキュラム
コンテンツ産業人材育成支援事業/上映事業者報告書第五部教材のプロトタイプ
草の根eラーニング研究会中間報告書
草の根eラーニング研究会中間報告書の資料
IDC Japanが2005年3月2日に公開した、国内企業向けeラーニング市場規模
「草の根eラーニング・システム整備事業」モデル事業のサービス開始