Forefront


米国のMicrosoft社が2006年6月11日に、「People-Ready(ピープル-レディ)」構想の実現を目指して、ボストンで開催されたTech-Ed 2006 conferenceで発表した、ITセキュリティとアクセスの管理を容易で包括的に管理できるセキュリティ・ブランドの名称。詳細情報はURL(http://www.microsoft.com/presspass/press/2006/jun06/06-11TechEd2006UmbrellaPR.mspx)で知ることができる。Microsoft社は同時に、「Forefront」として、デスクトップ・パソコン、ノートPC、サーバーOSに統一的な悪玉ウェア対策を提供するMicrosoft Client Protectionと呼ばれていた「Forefront Client Security」が含まれ、インターネットベースの脅威からIT環境を守り、ユーザーにセキュリティを高めたリモートアクセスを提供する統合型セキュリティゲートウェイとして「Internet Security & Acceleration Server 2006」、組み込み向けのデータベース「SQL Server Everywhere」のCTP(Community Technology Preview)と、Visual Studio 2005 Team System拡張版「Visual Studio Team Edition for Database Professionals」のCTPをリリースし、クライアントに業務データを直接入れ込める「BizTalk Adapter Pack」なども発表した。