Facebookスキャンダル

Facebook privacy scandal


Facebookが2007年5月に広くポピュラーなアプリケーション開発者プログラムを実行し、ブログによってFacebookの無謀に利用者データが暴露され、プライバシー侵害でFacebookが「friends」で起こした「Beacon」と呼ばれる広告プログラムを使った「Facebook Ads」事件の俗称。
その時点で、「Facebook Ads」は1万4000以上の利用があった。
C-Net|News.comは2008年1月23日に、Chris Soghoianのコラム「Exclusive: The next Facebook privacy scandal」を公開し、Facebookのプライバシー・スキャンダルは、珍しいことではないと報告した。
大きな話題になったが、まず最初は2006年にNews Feedで起こっているし、最近ではBeaconサービスデモ広範囲にプライバシー・スキャンダルが起こっている。
問題は、「long tail」と呼ばれる少ないポピュラーなアプリケーションを開発者が作り、似たアプリケーションは多くの会社が開発している。
しかし、新しい調査によれば、その開発されているアプリケーションにより大きい問題があるかもしれないことが指摘されている。
稼働するのに必要であるよりはるかに多くの個人的なデータへのアクセスを与え、そこには、アプリケーションを申し込みさえしなかったユーザーに関するデータまで含んでいた。
Facebookはこれを可能にするだけではなく、凶暴なアプリケーション開発者がポーズをとることができることが起こって、リスクについてさえ、ユーザーに警告することが少ししかなかった。詳細情報はURL(http://www.cnet.com/8301-13739_1-9854409-46.html?part=rss&subj=news&tag=2547-1_3-0-5)で知ることができる。
しかし、多くの広告関係者は、それにもかかわらず、個人を特定できるデータを欲しがっている。
広告コングロマリットのPublicis GroupeのCEOであるNeither Maurice Levyは、現在の分析方法ではWebで正しい聴衆に届けるのを助け、彼らの広告の衝撃を評価し、投資利益率を見るために十分でないと言っている。
かわいらしい声で、「クッキーが食べたいの!」と言う声が聞こえてくる。
しかし、インターネット業者が言う「クッキーが食べたいの!」は、少し意味が違うとD|All Things DigitalでL. Gordon Crovitzが2008年5月5日に「Internet Says: 'Me Want Cookie'」を公開した。
インターネット業者がかわいらしい声で言う「クッキーが食べたいの!」は、人々がオンラインでどこに行くかを追跡する小さいテキスト・ファイルのことである。
私たちの人生に関する詳細がますますオンラインで知ることのできるときさえ、Webサイトはこの情報がどのように、なぜ使用されているかを説明することで、不十分な仕事をしている。
Webに関するプライバシーへのリスクは、より賢い自己規制と連邦取引委員会による脅かされた新しい規則の間で競争をしている。
Webを築き上げるのにかかわる人々は、デジタル文化の開放性を正しく誇りに思っている。
大部分は、インターネットの成長に主要で、クッキーが害を全く引き起こさないと考えて、多くのWebユーザーは、彼らの個人情報はどう使用され、使用されないかが分からないと感じている。
人々を再保証できないなら、すぐいつか私たちがクッキー(Cookie)用の瓶で監視委員が試していない手を見つけるつもりであるという本当のリスクがそこには隠されていると訴えている。詳細情報はURL(http://voices.allthingsd.com/20080505/internet-says-me-want-cookie/)で知ることができる。
つまり、まだ「クッキー(Cookie)」は完全に解明されていないし、個人情報を探り当てる可能性が多く含まれたまま解放しようとしていると言うことである。
インターネット広告が、これからさらに進化するとき、もっとも大きな話題になる可能性があるのは、「おいしいクッキーの食べ方」という「料理教室」かもしれない。
まさに、幻想の世界を隠し持った「Magic Cookie」なのである。
プライバシー問題として、以前から大きな話題になってきた「Magic Cookie」が隠れた社会でうごめき始めている。
一部には、ダイエット・クッキーとして売り出されているものもあるが、クッキーで痩せられるはずもない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9691)で知ることができる。