Faveola

フォビーオラ

1981年にノーベル賞を受賞した、David HubelとTorsten Wieselの視覚情報プロセッシング理論を忠実に再現し、イギリスのケンブリッジに本拠を置くコンサルティング会社ブレイクステップ・プロダクションズ(Break-step productions)社が開発した、人間の視覚システムを忠実に再現したとされる形状認識システムの名称。faveolaは人間の大脳皮質の一次視覚野における情報処理の経路を模倣して、約3000種類の形状や文字、記号を認識できる。ただし、神経回路の場合と同様、このシステムも形状を認識するように訓練を受ける必要があり、一度も目にしたことがない形状は区別できない。ただし、割り当てた署名をもとに推測することはできるということである。また、歪んだ形状や邪魔物がある状況でも認識でき、1つの形状を1度見ただけで認識できるようになると解説している。詳細情報はURL(http://www.foveola.com/)で知ることができる。デモ版はURL(http://foveola.com/demo/index.php)で利用できる。