FIA(Future Imagery Architecture)

フューチャー・イメジェリー・アーキテクチャ

1997年3月6日に米国議会で承認され、1998年から開発されている、秘密裏に活動している米国家偵察局(National Reconnaissance Office)の管轄下にある高解像度画像データを取得するために開発されているスパイ衛星システムの名称。詳細情報はURL(http://www.fas.org/irp/program/core/fia.htm)または、URL(http://cartome.org/nro-fia.htm)または、URL(http://www.globalsecurity.org/intell/systems/fia.htm)または、URL(http://www.globalsecurity.org/org/news/2002/020816-fia.htm)で知ることができる。ただし、米国国防総省(DOD/Department Of Defence/ペンタゴン)のDSB(国防科学委員会/Defense Science Board)は2003年5月に公開した報告書「Report of the Defense Science Board/Air Force Scientific Advisory Board Joint Task Force on Acquisition of National Security Space Programs」で、FIA計画が著しい資金不足に陥って、技術的にも欠陥があることから、FIA計画を実行不可能と報告している。詳細情報はURL(http://www.acq.osd.mil/dsb/space.pdf)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月18日に、航空偵察機に関するレポート「Force Structure: Improved Strategic Planning Can Enhance DOD's Unmanned Aerial Vehicle Efforts. GAO-04-342」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-342)で知ることができる。