Final Cut Pro

FCP

ファイナルカットプロ

米国のApple社が数年前にマクロメディア(MacroMedia)社から購入した技術で、その後情報が少なく、開発が中止されたという噂まで出ていた、非圧縮10ビットの601、あるいは高品質データ(HD/High Difinition)のフィルム、標準(SD/Standard Difinition)のフィルムなど放送番組の制作用途にも対応し、デジタルビデオ(DV/Digital Video)まで編集できるソフトの名称。当時は初心者向けソフトとして開発されていたが、1999年4月19日に発表された時点ではプロフェッショナル向けに内容が変更され、価格も予想に反して数倍の999$になっていた。Final Cut Proは、New PowerMacintosh G3搭載のIEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc/IE3/I triple E/電気通信技術者協会/電気電子学会) 1394(FireWire)に接続したデジタル・ビデオカメラから、プラグ&プレイで簡単に画像データを取り込み、ノンリニア編集を可能にしている。詳細情報はURL(http://www.apple.com/pr/library/1999/apr/19finalcut.html)または、URL(http://www.apple.com/finalcutpro/)または、URL(http://www.apple.co.jp/finalcutpro/index.html)で知ることができる。Apple社は2000年6月16日に、Final Cut Pro 1.2.5アップデータの無償配布を開始した。Apple社は、「Final Cut Pro 2」を2001年6月上旬から販売開始することを発表した。Apple社は2003年4月7日に300以上の新機能を搭載し、すべての要素をチャネル当たり32ビット浮動小数点カラーでレンダリングするHDRレンダリング技術をサポートし、RT Extremeを使用することにより、FireWire(R) または外部のブレークアウトボックスを介して接続された外部モニタ上でも、リアルタイムにエフェクトを確認でき、フィルム品質の出力を実現したことでエミー賞に輝いた「Final Cut Pro 4」を、「Apple Store」およびアップル製品取扱販売店を通じて、2003年7月から「Final Cut Pro 4」の販売を開始すると発表した。また。 Final Cut Pro 4とDVD Studio Pro 2にバンドルされる新しいバッチトランスコーディングツール、Compressorを使用すると、DVD用のMPEG-2、ストリーミングメディア用のMPEG-4あるいはその他のQuickTime(R)がサポートするあらゆるフォーマットに直接、バッチ、エクスポートすることが可能になった。詳細情報はURL(http://www.apple.co.jp/news/2003/apr/07fcp4.html)または、URL(http://www.apple.co.jp/finalcutpro/index.html)で知ることができる。Apple社は2004年1月30日に、ビデオ編集ソフト「Final Cut Express 2」の販売を開始した。詳細情報はURL(http://www.apple.co.jp/fcptraining/)または、URL(http://www.apple.co.jp/finalcutexpress/index.html)で知ることができる。Apple社は2006年2月22日に、フジテレビ系列で2006年1月から放映がスタートした澤田鎌作監督、主演SMAPの香取慎吾による連続ドラマ「西遊記」の合成シーンの制作に、Power Mac G5とShake、Final Cut Pro、Xsanといったアップルの最新ソフトウェアや、Xserve 10台によるレンダーファームが活用されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.apple.com/jp/pro/filmvideo/saiyuki/)で知ることができる。ただし、この「西遊記」も手塚治虫の「西遊記」と同様に中国伝統文化を冒涜しているといった批判が出ていると中国情報局は2006年11月17日に伝えている。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1117&f=national_1117_001.shtml)で知ることができる。これに似た情報として中国情報局は2007年1月5日に、「龍」と「ドラゴン」は違う!中国ブログ界で文化論争勃発を公開した。これは本来クリスマスを中国で祝うべきかどうかという問題が発展し、上海外国語大学の呉友富教授が「中国の龍の英訳Dragonは、西洋においては、一種の無法で攻撃性に満ちたものとされている」と述べたことによると解説している。中国の「龍」は決して悪い意味はないが、しかし欧米人の考える「ドラゴン」はどちらかと言うと邪悪なイメージで、その認識はまさに正反対の位置にあると言える。また、ブログでもこの話題は取上げられ、西洋のドラゴンは羽があり、時に火を噴き、邪悪なものであるが、中国の龍は本来縁起が良いもので、羽はないが空を飛べ、ある時は風雨を司る存在で、さらには皇帝の象徴でもあるとで比較していると「成鋼的Blog」の情報を紹介した。さらに、「鳳凰周刊的Blog」では発展の著しい現在の中国の脅威を表す風刺として用いられていると述べていると紹介した。では詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0105&f=column_0105_012.shtml)または、URL(http://blog.sina.com.cn/u/4adabe27010008o1)または、URL(http://blog.sina.com.cn/u/4b8bd145010006zn)で知ることができる。これは、根本的に違った文化を正しく翻訳することが可能かどうかという問題にも発展する。